コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満仲 まんぢゅう

世界大百科事典 第2版の解説

まんぢゅう【満仲】

(1)幸若舞の曲名。上演記録の初出は1498年(明応7)。作者不明。多田満仲(源満仲(みつなか))は子の美女御前(びじよごぜん)を中山寺(摂津国川辺郡)に登らせたが,早業,相撲,力業などのまねごとをし,乱暴ばかり働いて,いっこうに経典や学問に心を向けなかった。数年たって,満仲は藤原仲光という郎等を使いに立て,美女御前を呼び下ろして経文を読ませるが少しも読めない。怒った満仲は仲光に美女御前を手討ちにするよう厳命する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

満仲の関連キーワード宝生 九郎(17代目)宝生九郎(17世)千光寺(広島県)芦ノ湯[温泉]能勢妙見堂近藤 乾三芦ノ湯温泉多田神社浄瑠璃寺摂津源氏能勢妙見清和源氏土岐氏渡辺綱源満政多田寺妙源寺水野氏広済寺源経基

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android