松本長(読み)マツモトナガシ

  • 1877―1935
  • 松本長 まつもと-ながし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1877-1935 明治-昭和時代前期の能楽師シテ方。
明治10年11月11日生まれ。松本金太郎の次男。松本たかしの父。16代家元宝生(ほうしょう)九郎に師事。野口兼資(かねすけ)とともに宝生流の双璧といわれた。芸談集に「松韻秘話」。昭和10年11月29日死去。59歳。静岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1877‐1935(明治10‐昭和10)
楽師。宝生流シテ方。宝生流の名家,松本金太郎(1843‐1914)の次男として静岡に生まれる。1882年父とともに上京,16世宝生九郎入門,1917年九郎が没するまで稽古(けいこ)を受け,野口政吉(のち野口兼資(かねすけ))とともに宝生流の双璧(そうへき)とうたわれた。堅実にして端正な,品位の高い芸風で知られた。長男松本たかし俳人として知られ,次男恵雄(しげお)(1915‐ )が宝生流シテ方として活躍している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能役者。宝生(ほうしょう)流シテ方。静岡県に生まれる。明治能楽界の重鎮松本金五郎の次男。5歳で上京、明治天皇行幸能に子方などを勤め、のちに名人宝生九郎(16世)の門に入り、その厳しい稽古(けいこ)を受け、宝生宗家を継承することにもなっていた。同門の野口兼資(かねすけ)と双璧(そうへき)とうたわれ、格調高く力感にあふれた名人。早稲田(わせだ)大学の謡会で『国栖(くず)』を謡っていて急逝。芸談集に『松韻秘話』がある。長男の孝(たかし)(筆名たかし)は俳人として名高く、「父酔ふてしきりに叩(たた)く火桶哉(ひおけかな)」の句がある。次男の恵雄(しげお)(1915―2003)は、1936年(昭和11)初舞台を踏み、その後、能楽界の中心人物となり91年(平成3)には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。なお画家の下村観山、作家の泉鏡花は松本長のいとこにあたる。

[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

能楽師。宝生流シテ方。静岡県出身。明治一五年(一八八二)父金太郎とともに上京、一六世宝生九郎に入門。同門の野口兼資とともに宝生流の双璧とうたわれた。明治一〇~昭和一〇年(一八七七‐一九三五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松本長の関連情報