宝蔵院流槍術

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宝蔵院流槍術

1553年に興福寺(奈良市)の僧の胤栄(いんえい)が始めたとされる古武道。全長2・7メートルの「鎌やり」と呼ばれる穂先が十字形のやりを使う=写真、一箭順三さん提供。練習用の鎌やりの重さは2・1キロ。現在は奈良のほか、大阪、名古屋、ドイツ・ハンブルクに道場があり、約100人が入門、うち女性は6人。試合はせず、型の稽古に励み、演武を行う。宮本武蔵が主人公の人気漫画「バガボンド」にも、この槍術の使い手が登場する。

(2018-06-02 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝蔵院流槍術の関連情報