(読み)チマタ

デジタル大辞泉の解説

ち‐また【×巷/岐/×衢】

《「道(ち)股(また)」の意》

㋐道の分かれる所。分かれ道。岐路。
㋑物事の分かれ目。「生死の―をさまよう」
「命を寵辱(ちょうじょく)の―に懸け」〈露伴・二日物語〉

㋐人が大ぜい集まっている、にぎやかな通り。また、町中(まちなか)。「紅灯の―」
㋑大ぜいの人々が生活している所。世の中。世間。「―の声に耳を傾ける」「―のうわさ」
ある物事が盛んに行われている所。「修羅の―」「弦歌の―」「戦火の―と化す」

こう【巷】[漢字項目]

人名用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) [訓]ちまた
町や村の小道。町中。「巷間巷説陋巷(ろうこう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android