コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行う〔行なう〕 オコナウ

デジタル大辞泉の解説

おこな・う〔おこなふ〕【行う〔行なう〕】

[動ワ五(ハ四)]
物事をする。なす。やる。実施する。「儀式を―・う」「合同演習を―・う」「四月五日に入学式が―・われる」
仏道を修行する。勤行(ごんぎょう)する。
「いみじう額(ぬか)づき―・ひて寝たりしかば」〈更級
処理する。指図する。
「世の人の飢ゑず、寒からぬやうに、世をば―・はまほしきなり」〈徒然・一四二〉
(「…におこなう」の形で)処する。付する。
「死罪に―・はるべかりし人の」〈平家・二〉
[補説]一定の手順を経て、または慣習・方式に従って何かをするのがもとの意。現在もその含みが残る。
[可能]おこなえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

行う〔行なう〕の関連キーワードパッケージライセンスコンピューターゲームフェースツーフェースハードウェアモニタープレホスピタルケア哨戒ヘリコプタードライブターン職業紹介事業二槽式洗濯機内水面漁業無理を通す潜水計画別時念仏官治組織医療通訳無性世代有性世代特別配当店頭取引予防保守

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android