コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室戸台風 むろとたいふう

6件 の用語解説(室戸台風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室戸台風
むろとたいふう

1934年9月21日朝,高知県室戸岬に上陸し,近畿地方,新潟県を通り東北地方を横断した台風室戸岬では最低気圧 911.9hPaという陸上における記録的な値を観測し,最大瞬間風速(→瞬間風速)は 60m/sをこえたと推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むろと‐たいふう【室戸台風】

昭和9年(1934)9月21日、室戸岬付近に上陸し、京阪神地方を襲った超大型台風。最低気圧911.9ヘクトパスカル大阪湾などに高潮をもたらし、全国の死者・行方不明者は3036名に達した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

室戸台風【むろとたいふう】

1934年9月21日四国の室戸岬付近に上陸し,神戸東方・京都を経て新潟県海上に抜けた台風。日本の気象事業始まって以来最も猛烈な台風で,室戸岬では日本の陸上で観測された最低の気圧911.9hPaを記録,特に大阪湾の高潮では低地の工業地帯に甚大な被害があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むろとたいふう【室戸台風】

1934年9月21日に京阪神地方を襲った猛烈な台風。同日朝5時ころに四国の室戸岬の西に上陸したが,そのときの室戸岬の最低気圧911.9hPaは陸上の気圧としては記録的なものであった。その後淡路島付近を通って若狭湾に抜けたが,台風進路の右側約50km以内では強風のため多くの建物が倒れ,大阪湾の高潮によって大きな被害を生じた。全国の死者,行方不明は3037名にも達したが,とりわけ痛ましかったのは明治時代に建てられた多くの木造の小学校が倒壊して先生や生徒がその下敷きとなって命を失ったことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むろとたいふう【室戸台風】

1934年(昭和9)9月21日、高知県室戸岬付近に上陸した台風。本州を横断、日本海から三陸沖へ抜けた超大型台風(最低気圧911.9ヘクトパスカル、瞬間風速60メートル)で、全国的に死者・行方不明者三〇六六名を数えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室戸台風
むろとたいふう

高知県室戸岬付近に上陸した二つの超大型台風のことをさす。二つとは、第一室戸台風(1934年襲来)と第二室戸台風(1961年襲来)であるが、一般的にただ「室戸台風」とのみよぶ場合は、第一室戸台風のことをいう。
〔1〕第一室戸台風 1934年(昭和9)9月21日、高知県室戸岬付近に上陸して、四国から近畿地方を中心に激しい暴風雨と高潮をもたらした台風。速度が速く21日5時ごろ室戸岬に上陸後、近畿・北陸・東北地方を通って同日18時には三陸沖へ抜けた。名前の由来となった室戸岬では911.9ヘクトパスカルという記録的な最低気圧を観測した。関東地方などでは高潮のことを「津波」「風津波(地震津波や山津波に対応する呼称)」などとよんでいたが、室戸台風以降「高潮」ということばが全国的に広まり定着した。台風の中心が通過した地方では高潮が発生し、とくに大阪湾一帯がもっとも激しく、平均海面を4メートル超えた。台風中心付近と南東側を中心として風の被害も甚だしく、学校校舎が全国で約300校倒壊し多数の教師や生徒の死傷者を出している。被害にあった児童・職員の大部分は、登校途中か登校後で校舎内や近くにおり、児童を迎えに学校を訪れた保護者たちも倒壊に巻き込まれた。また台風の北西側、とくに高知・大分・岡山・鳥取の各県では水害が多かった。これら暴風雨と高潮による被害は大阪府がもっとも大きく、近畿・四国を中心として全国で死者・行方不明者は3036人に至った。この台風の被害が甚大であった原因として以下のことがあげられる。
(1)記録的な規模の強い台風であった。
(2)暴風警報がすばやく伝達されなかった、伝達されてもその意味が理解されず利用されないことが多かった。
(3)有線の切断によって、室戸岬での観測データが、ただちに大阪方面や東京に伝わらなかった。
 この台風による被害は、明治初期の始まりから約60年を経過しようとしていた日本の気象事業にとって大きな衝撃となり、暴風警報の全面的改正など種々の改革が行われた。翌1935年からは、暴風警報(大風雨の襲来時に発表)と気象特報(現在の気象注意報に相当する)を明確に分け、用語も平易にわかりやすく改めた。また、滋賀県瀬田の鉄橋上で列車が転覆するなどの鉄道被害も多かったため、鉄道省と中央気象台との申し合わせによる鉄道気象通報が本格的に始動した。しかし、第二次世界大戦が始まり、これらの防災対策は機能しなくなっていく。室戸台風を契機に生まれた各種の防災対策が活用されるようになったのは、戦後の復興過程においてである。
〔2〕第二室戸台風 1961年(昭和36)9月16日室戸岬付近に上陸した第18号台風は、第一室戸台風に匹敵する超大型台風で、しかもほぼ同じ経路を通ったため第二室戸台風とよばれる。日本に接近したころは少し衰えたとはいえ、室戸岬では最低気圧930.9ヘクトパスカル、最大瞬間風速84.5メートルを観測した。気象警報などが十分に行われ、防災活動が適切であったため、大阪湾ではほぼ4メートルと第一室戸台風に次ぐ高潮があったにもかかわらず、第一室戸台風に比べると、被害状況の数値は減少していた。第一室戸台風襲来時に比べ、適切な情報伝達、早めの避難、防潮堤の効果、建物の耐久性など、防災対策が格段に進歩した成果もあったが、それでも、全国で死者・行方不明者は202人に達しており、第二室戸台風もやはり非常に大きな災害であった。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

室戸台風の関連キーワード大阪国際空港京阪神阪神地方SAVVYMeets RegionalRicher赤穂線阪神高速道路会社京阪神地方京阪神ビルディング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

室戸台風の関連情報