コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮古[市] みやこ

百科事典マイペディアの解説

宮古[市]【みやこ】

岩手県東部の市。1941年市制。宮古湾に面し,東は三陸海岸中部に当たり,重茂(おもえ)半島が突出。閉伊(へい)川,津軽石川などの下流域を占める。山田線が通じ,三陸鉄道北リアス線が分岐する市街は4万トン岸壁をもつ重要港湾宮古港を中心に発達

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやこ【宮古[市]】

岩手県東部,陸中海岸の宮古湾に臨む市。1941年市制。人口5万6389(1995)。市街地は宮古湾に注ぐ閉伊(へい)川河口に立地し,古くから漁港として開け,近世には海陸交通の要地として栄えた。1934年国鉄(現JR)山田線が開通し,翌年には港湾が整備されて重化学工業関連の工場が誘致され,臨海工業都市に発展した。漁港は市内鍬ヶ崎(くわがさき)にあり,水産加工製氷・冷凍の施設を有して,サンマ漁,北洋サケ・マス漁の根拠地として県内一の水揚高を誇る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宮古[市]の関連キーワード三陸復興国立公園【とど】ヶ崎浄土ヶ浜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android