コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田老 たろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田老
たろう

岩手県東部,宮古市北東部の旧町域。太平洋に臨む。1944年町制。2005年宮古市,新里村と合体して宮古市となった。地名は近世以来の村名による。江戸時代には宮古代官所に属した小漁村で,貞観年間(859~877)以来津波の被害に見舞われ,1896年の明治三陸地震津波,1933年の昭和三陸地震津波では壊滅的な打撃を受けた。1958年に高さ 10m,長さ 1350mの防潮堤が完成。その後増設により総延長約 2.4kmとなり日本一の防潮堤といわれたが,2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により破壊され,地区は再び大きな被害に見舞われた。鉱業(銅と硫化鉄)が産業の中心であったが,1971年田老鉱山の閉山後,漁業と観光の町として発展。アワビなど磯漁業が盛んで,ワカメ,コンブの養殖にも力を入れている。三陸復興国立公園の一角で豊かな観光資源に恵まれ,北部陸中海岸真崎(まさき),三王岩,ウミネコの繁殖地の佐賀部など景勝地が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田老
たろう

岩手県中東部、下閉伊(しもへい)郡にあった旧町名(田老町)。現在は宮古(みやこ)市の北部を占める地域。陸中海岸に臨む。1944年(昭和19)町制施行。2005年(平成17)宮古市に合併。国道45号、三陸鉄道北リアス線が通じる。1896年(明治29)や1933年(昭和8)の三陸大津波で壊滅的被害を受けた町として知られるが、1958年(昭和33)に高さ7.7メートル、延長1350メートルの大防潮堤が完成した。増築後の1966年には総延長約2500メートルに達した。ワカメ、コンブ、アワビの増殖センターなどがある。真崎(まざき)海岸、三王岩(さんのういわ)の景勝地や、ウミネコ繁殖地佐賀部(さかべ)は三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の一部。大規模年金保養基地(グリーンピア三陸宮古)が建設され、陸中海岸の観光基地の一つとなっている。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田老の関連キーワード電子線マイクロアナライザーグリーンピア三陸みやこ『網走番外地』シリーズ仮設住宅での医療ケアグリーンピア田老川井村の合併問題陸中海岸国立公園懐疑的な化学者明治三陸沖地震三陸鉄道(株)ホラティウス岩手県宮古市バーディーンショックレー蛍光X線分析モーリッシュ大森 義夫真崎わかめ吉田石麻呂田老[町]

田老の関連情報