コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田老 たろう

2件 の用語解説(田老の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田老
たろう

岩手県東部,宮古市北東部の旧町域。太平洋に臨む。1944年町制。2005年宮古市,新里村と合体して宮古市となった。地名は近世以来の村名による。江戸時代には宮古代官所に属した小漁村で,貞観年間(859~877)以来津波の被害に見舞われ,1896年の明治三陸地震津波,1933年の昭和三陸地震津波では壊滅的な打撃を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田老
たろう

岩手県中東部、下閉伊(しもへい)郡にあった旧町名(田老町)。現在は宮古(みやこ)市の北部を占める地域。陸中海岸に臨む。1944年(昭和19)町制施行。2005年(平成17)宮古市に合併。国道45号、三陸鉄道北リアス線が通じる。1896年(明治29)や1933年(昭和8)の三陸大津波で壊滅的被害を受けた町として知られるが、1958年(昭和33)に高さ7.7メートル、延長1350メートルの大防潮堤が完成した。増築後の1966年には総延長約2500メートルに達した。ワカメ、コンブ、アワビの増殖センターなどがある。真崎(まざき)海岸、三王岩(さんのういわ)の景勝地や、ウミネコ繁殖地佐賀部(さかべ)は三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の一部。大規模年金保養基地(グリーンピア三陸宮古)が建設され、陸中海岸の観光基地の一つとなっている。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田老の関連キーワード岩手県宮古市江繋岩手県宮古市小国岩手県宮古市重茂岩手県宮古市川井岩手県宮古市崎山岩手県宮古市五月町岩手県宮古市長根岩手県宮古市宮古岩手県宮古市茂市岩手県宮古市山口

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田老の関連情報