新里(読み)にいさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新里
にいさと

岩手県東部,宮古市中東部の旧村域。北上高地の東麓に位置する。1955年茂市村,刈屋村の両村が合体して成立。地名は新しいふるさとの発展を願って命名された。2005年宮古市,田老町と合体して宮古市となった。西部は北上高地に属する害鷹森(がいたかもり),猴舞山(さろうまいやま),堺ノ神岳などで,山林が大部分を占める。産業は林業が主で南部桐を産し,家具製造が行なわれ,刈屋には合板工場がある。南部を流れる閉伊川はアユ釣りで知られる。

新里
にいさと

群馬県東部,桐生市の飛び地の旧村域。赤城山南麓の洪積台地に広がる。 1889年村制。 2005年桐生市に編入。南部の台地は開発の歴史が古く,白鳳時代武井廃寺塔跡 (国指定史跡) ,鎌倉時代山上城跡や山上の多重塔 (国指定重要文化財) など史跡,文化財が多い。畑作養蚕養鶏酪農を営み,シイタケの特産がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新里の関連情報