宮城 道雄(読み)ミヤギ ミチオ

  • 宮城 道雄 (みやぎ みちお)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の筝曲家,作曲家 東京音楽学校教授。



生年
明治27(1894)年4月7日

没年
昭和31(1956)年6月25日

出生地
兵庫県神戸市三宮

旧姓(旧名)

主な受賞名〔年〕
NHK放送文化賞(第1回)〔昭和25年〕

経歴
7歳で失明。箏曲の道に入り、2代・3代の中島検校に師事。12歳で生田流の免許を受け、明治40年父とともに朝鮮に渡り、箏・尺八を教える。41年14歳で処女作「水の変態」を作曲。大正2年邦楽器の四重奏曲「唐砧(からぎぬた)」を作曲。4年宮城仲子との養子縁組で宮城姓に改姓。6年上京、尺八の吉田晴風新日本音楽を提唱、10年17弦琴を創案し、筝とオーケストラの協奏曲を試みるなど邦楽の革新に努めた。昭和12年東京音楽学校教授、戦後、23年日本芸術院会員となる。26年宮城会を結成。レコードや欧州公演を通じ国際的名声を得る。代表作に「春の海」「越天楽変奏曲」など、レコードに「宮城道雄大全集」がある。また「雨の念仏」などの随筆もある。没後、日本伝統音楽界への貢献を記念し、昭和41年宮城会箏曲コンクールが創設された。また53年には音楽家の記念館としては日本初の宮城道雄記念館が建設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
箏曲家 作曲家

肩書
東京音楽学校教授 日本芸術院会員〔昭和23年〕

旧名・旧姓
菅 道雄

別名
芸名=中菅 道雄

生年月日
明治27年 4月7日

出生地
兵庫県 神戸市三宮

経歴
父は神戸の外国人居留地の貿易商に勤めており、外国人居留地内で育つ。生後まもなく眼疾を患い、8歳で失明。そのため、明治35年音楽で身を立てるために2代目中島検校に入門。37年師が亡くなると、引き続きその養嗣子である3代目中島検校に師事した。38年11歳で免許皆伝となって代稽古を許され、本名の菅道雄に師の“中”を授かって中菅道雄の芸名を名乗った。40年暴動で怪我を負い働けなくなった父の代わりに一家を支えるため修業半ばで朝鮮に渡り、少年ながら仁川で箏と尺八を教えて生計を立てた。42年14歳の時に、弟が音読していた学校の教科書「高等小学読本」に「水の変態」として掲載されていた和歌七首に曲を付け、処女作となる同名の歌曲を作曲。大正元年検校、5年22歳で大検校に進み、また大正2年16歳上の未亡人・宮城仲子と結婚し、宮城姓に改姓している。同年邦楽器の四重奏曲「唐砧」を作曲。3年自宅を訪ねてきた尺八奏者の吉田晴風と知り合い、生涯の親友となった。朝鮮箏曲界の第一人者として確固たる地位を築いていたが、それだけでは満足せず、6年上京。間もなく妻を失うという不幸に見舞われるが、7年吉村貞子と再婚(この頃に入門した貞子の姪・牧瀬清子は、後年宮城宗家を継ぐ宮城喜代子となる)。やがて箏曲家・葛原匂当の孫である童謡詩人の葛原しげるや、小松耕輔、小山作之助、山田源一郎といった洋楽畑の人々の支持を得、8年東京・本郷の中央会堂で第1回作品発表会を開催。洋楽壇の人々には好評をもって迎えられたが、邦楽界からは共感を得られなかった。9年洋楽の本居長世と合同作品発表会を開き、吉田の命名で新日本音楽大演奏会と銘打たれ、以降、吉田や都山流尺八の初代中尾都山、本居らとともに“新日本音楽”を提唱して新しい邦楽曲の創作に意欲を燃やし、西洋音楽の理論や方法を導入することで邦・洋楽の融合を図った。また10年に完成した十七絃箏をはじめ、大胡弓、八十絃箏、短琴といった新しい邦楽器を次々と開発し、邦楽の革新に努めた。葛原とは童謡運動の興隆に先駆けて、子どもの手ほどき曲として“童曲”という分野を開拓し、「春の雨」「分福茶釜」「ワンワンニャオニャオ」など生涯を通じて100曲を超える童曲を書いている。昭和3年近衛秀麿・直麿兄弟とともに作った「越天楽変奏曲」では箏とオーケストラの協奏曲を試み、高い評価を受ける。4年近代邦楽中の名曲として名高い「春の海」を作曲。7年にはフランスの女流バイオリニストのルネ・シュメーと同曲を演奏し、そのレコードは日本だけでなく米国やフランスでも発売され、国内外で絶賛された。また新作だけでなく古典の演奏にも力を注ぎ、その妙技を謳われた。この間、5年から東京音楽学校(東京芸術大学)でも教え、12年同教授。教則本の編纂やラジオでの講演なども盛んに行い、邦楽教育の面でも大きな業績を残している。戦後、23年日本芸術院会員。26年宮城会を結成。28年には欧州に旅行し、フランスとスペインで開かれた国際民族音楽舞踊祭に日本代表として参加して第1位を獲得。さらにロンドンでは自作の「ロンドンの夜の雨」を英国BBCで放送した。31年6月大阪に向かう途中の夜行急行「銀河」から愛知県刈谷付近で転落して、事故死した。他の作品に「春の夜」「比良」「瀬音」「秋の夜」「若水」「数え唄変奏曲」「手事」「中空砧」などがある。「雨の念仏」などの随筆集もあり、文筆にも定評があった。没後、日本伝統音楽界への貢献を記念し、41年宮城会箏曲コンクールが創設された。また53年には音楽家の記念館としては日本初の宮城道雄記念館が建設された。

受賞
日本放送協会放送文化賞(第1回)〔昭和25年〕

没年月日
昭和31年 6月25日 (1956年)

伝記
ドレミを選んだ日本人「作曲家」宮城道雄―伝統と革新のはざまで盲目の天才音楽家宮城道雄・死の真実音に生きる―宮城道雄伝箏ひとすじに―楽聖・宮城道雄の遺業をついで宮城道雄の音楽 千葉 優子 著千葉 潤之介 著武原 渓 著千葉 潤之介,千葉 優子 著宮城 喜代子小野 衛 著(発行元 音楽之友社音楽之友社近代文芸社講談社文園社音楽之友社 ’07’00’95’92’90’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1894年4月7日
大正時代;昭和時代の箏曲家。東京音楽学校教授
1956年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android