(読み)たく

精選版 日本国語大辞典「宅」の解説

たく【宅】

〘名〙
① 住む家。住まい。住みか。居宅住居
※吾妻鏡‐文治三年(1187)一〇月二日「還御之次、入御岡崎四郎宅」 〔書経‐召誥〕
② 自分の住む家。わが家。自宅
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉三「此急須も宅(タク)の品でございますよ」
③ 他人に対して、妻が自分の夫をいう。
※あたらよ(1899)〈内田魯庵〉「良人(タク)が存生時分」

やけ【宅】

〘名〙 =やか(宅)
続日本紀‐天平元年(729)八月二四日・宣「とひとまにもが夜気(ヤケ)授くる人をば一日二日と択ひ」

や‐か【宅】

〘名〙 (「屋処(やか)」の意) いえ。家宅。やけ。
※源氏(1001‐14頃)東屋「やかの辰巳の隅のくづれ、いと、あやふし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宅」の解説

たく【宅】[漢字項目]

[音]タク(漢)
学習漢字]6年
すまい。やしき。「宅診宅地火宅帰宅旧宅居宅私宅自宅社宅住宅拙宅邸宅転宅別宅本宅
[名のり]いえ・おり・やか・やけ

たく【宅】

。住まい。「先生のお
自分の住居。我が家。「明日へおいでください」
妻が、他人に対して自分の夫をいう語。「がそのように申しました」→御宅おたく
[類語](1)(2うち家屋屋舎おくしゃ住宅住家じゅうか住居家宅私宅居宅自宅きょ住まい住みかねぐら宿やどハウス(尊敬)お宅尊宅尊堂高堂貴宅(謙譲)拙宅弊宅陋宅ろうたく陋居陋屋ろうおく寓居ぐうきょ/(3主人亭主旦那ハズバンドハズ夫君内の人宿六良人旦つく先夫前夫亡夫男鰥おとこやもめ寡夫

や‐け【宅】

やか(宅)」に同じ。
大帯日子命おおたらしひこのみこと御宅みやけを此のに造り給ひき。かれ、—の村といふ」〈播磨風土記

や‐か【宅】

《「屋処やか」の意》家。家宅。
「—の辰巳たつみの隅のくづれ、いとあやふし」〈・東屋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android