コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 オク

3件 の用語解説(屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おく【屋】[漢字項目]

[音]オク(ヲク)(呉)(漢) [訓]
学習漢字]3年
〈オク〉
住まい。いえ。「屋外屋内家屋社屋書屋廃屋茅屋(ぼうおく)陋屋(ろうおく)
やね。「屋上
〈や〉「屋敷屋根母屋(おもや)楽屋問屋(とんや)納屋(なや)長屋部屋(へや)
[名のり]いえ

や【屋/家】

[名]
住むための建物。家屋。いえ。「我が―」「一軒―」
屋根。
「声高になのたまひそ。―の上にをる人どもの聞くに、いとまさなし」〈竹取
[接尾]名詞に付く。
それを売買する人や家の意を表す。「本―」「菓子―」
そのような性質の人をいう。使う人、場合によって軽蔑や自嘲の意を込めて用いられることもある。「気取り―」「わからず―」「がんばり―」
役者の屋号や文人の雅号などとして用いる。「紀の国―」「鈴の―」
商業などを営んでいる家の屋号として用いる。「越後―」「近江―」
そのことを専門にしている人、ある技術に優れている人などをさしていう。使う人、場合によって自慢げに、うらやましげに、あるいは自嘲や軽蔑の意を込めても用いられる。「事務―」「技術―」「政治―」「チーム随一の飛ばし―だ」「速いだけが取り柄の走り―さ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おく【屋】

いえ。家屋。
屋根。 「屋下おくかに-を架す」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屋の関連キーワード離村家屋敷家屋煙たい公館家屋台帳竪穴建物家屋番号給排水衛生工事住むための機械

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋の関連情報