コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オク

デジタル大辞泉の解説

おく【屋】[漢字項目]

[音]オク(ヲク)(呉)(漢) [訓]
学習漢字]3年
〈オク〉
住まい。いえ。「屋外屋内家屋社屋書屋廃屋茅屋(ぼうおく)陋屋(ろうおく)
やね。「屋上
〈や〉「屋敷屋根母屋(おもや)楽屋問屋(とんや)納屋(なや)長屋部屋(へや)
[名のり]いえ

や【屋/家】

[名]
住むための建物。家屋。いえ。「我が―」「一軒―」
屋根。
「声高になのたまひそ。―の上にをる人どもの聞くに、いとまさなし」〈竹取
[接尾]名詞に付く。
それを売買する人や家の意を表す。「本―」「菓子―」
そのような性質の人をいう。使う人、場合によって軽蔑や自嘲の意を込めて用いられることもある。「気取り―」「わからず―」「がんばり―」
役者の屋号や文人の雅号などとして用いる。「紀の国―」「鈴の―」
商業などを営んでいる家の屋号として用いる。「越後―」「近江―」
そのことを専門にしている人、ある技術に優れている人などをさしていう。使う人、場合によって自慢げに、うらやましげに、あるいは自嘲や軽蔑の意を込めても用いられる。「事務―」「技術―」「政治―」「チーム随一の飛ばし―だ」「速いだけが取り柄の走り―さ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おく【屋】

いえ。家屋。
屋根。 「屋下おくかに-を架す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

屋の関連キーワード稀音家 浄観(1代目)杵屋 勝三郎(3代目)杵屋 六三郎(8代目)稀音家 浄観(初代)杵屋勘五郎(6代)越後十日町 小嶋屋芸妓置屋・藝妓置屋錦屋金蔵(2代)屋上屋を架す八文字屋本高田の馬場田鶴鳴和足稀音家浄観魚屋茶碗篝屋守護めがね泥江島其磧つば甚紺田屋なか卯

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋の関連情報