コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族解体 かぞくかいたい family disorganization

2件 の用語解説(家族解体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家族解体
かぞくかいたい
family disorganization

社会的,個人的諸事情により,家庭的資源の欠損や家族成員間の対立が生じ,その結果家族としての統一や調和が破られ,家庭生活の目標達成が困難となり,家族員の生活欲求不充足や対社会的機能障害が現れることをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家族解体
かぞくかいたい
family disorganization

家族崩壊に向かう過程を意味し、家族組織化の対概念。家族は動態的に把捉されなければならない。家族解体は、その最終的結果としての家族崩壊(家族という構造の崩壊)とは異なる。家族はなんらかの理由によって解体の方向に向かうが、なんらかの理由によって再組織化されていくのが普通である。家族生活は、それぞれの家族成員が、互いに一つの家族であるという観念や感情によって結ばれ、家族の生活事情に応じた生活目標を共有し、それらの目標達成のため、家族成員相互に期待されるリーダーシップあるいは役割を分担し、継続的に協力して営まれている。しかし、各種の外的・内的要因によってこれらの遂行が妨げられる場合、家族機能に障害が発生し、家族としての統合を維持することが困難になることがある。この状況を家族解体といい、この状況に当面した家族を解体家族という。解体の危機にさらされた家族は再組織化へと向かうが、その意味で家族解体は過程の一部分とみられる。
 家族解体をもたらす外的要因としては、災害、戦争、不況による失業などがある。また、内的要因としては、家族成員の病気や事故による身体的・精神的障害、麻薬やアルコール中毒、犯罪、不貞、暴力、過度の浪費、各種の不和などがあげられる。現象的には、夫婦、親子、義理の親子関係の問題として発生する。夫婦間では、死別、別居、離婚、遺棄、蒸発など、また親子間では、家族関係に由来する子供の家出、自殺、児童虐待、さらには親子心中などである。そしてこれらの事態を招くまでに、さまざまな「家族ストレス」の続くのが普通である。また、解体に至らないまでも、慢性的な不和がなかば恒常的に継続して、事実上、家族解体に近い関係もありうる。[増田光吉・野々山久也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家族解体の関連キーワード人的資源地位労務管理人的資源会計家庭的ゴシップ一時帰国人的資産管理ヒューマン・リソース社会的資源

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家族解体の関連情報