コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿毛[市] すくも

百科事典マイペディアの解説

宿毛[市]【すくも】

高知県南西部の市。1954年市制。宿毛湾に面し,松田川下流の沖積低地にある中心市街は土佐藩家老安東氏の旧城下町で付近の農漁村の中心である。米作のほかオクラ,ブロッコリー栽培が行われる。
→関連項目ケバネメクラチビゴミムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すくも【宿毛[市]】

高知県西端,愛媛県境にある市。1954年市制。人口2万5919(1995)。市域大部分山林で,ほぼ中央を松田川が南流して宿毛湾に注ぐ。農業は米のほかミカンを産する程度で振るわず,県境の山間部では林業が盛んである。宿毛湾口に浮かぶ沖ノ島鵜来(うぐる)島周辺はイワシムロアジなどの好漁場で,古くから土佐・伊予両国で漁場をめぐる争いをくり返してきたが,沿岸漁業が不振となり,代わって湾内での真珠母貝やハマチ養殖が盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宿毛[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿毛[市]の関連情報