コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内綱 たけのうちつな

5件 の用語解説(竹内綱の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

竹内綱【たけのうちつな】

明治・大正の政治家,実業家。土佐(とさ)高知藩の出身。吉田茂の父。大蔵省出仕後,後藤象二郎とともに高島炭鉱を経営。立志社に加わり,西南戦争に関係し入獄。1881年自由党役員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内綱 たけのうち-つな

1840*-1922 明治-大正時代の実業家,政治家。
天保(てんぽう)10年12月26日生まれ。吉田茂の父。土佐(高知県)宿毛(すくも)の伊賀家につかえ,戊辰(ぼしん)戦争に参加。明治8年から後藤象二郎とともに高島炭鉱を経営。西南戦争の際挙兵に失敗して入獄。自由党の結成に参加し,23年衆議院議員(当選3回)。のち実業界にもどった。大正11年1月9日死去。84歳。通称は万次郎。号は武陵。

竹内綱 たけうち-つな

たけのうち-つな

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内綱

没年:大正11.1.9(1922)
生年:天保10.12.26(1840.1.30)
明治大正期の実業家。土佐国幡多郡宿毛村(高知県宿毛市)生まれ。土佐藩家老伊賀氏の重臣。理財に才あり,伊賀家の財政を扱う。戊辰戦争で宿毛軍に属し東北に出征。明治3(1870)年大阪府出仕,6年大蔵省6等出仕に進んだが,間もなく辞職。後藤象二郎の蓬莱社に参画,高島炭鉱の経営を担当。西南戦争(1877)に際し立志社の挙兵策謀の銃器購入に関与,発覚して禁獄1年。出獄後は板垣退助を助けて自由党創設に奔走,第1回総選挙(1890)で衆院議員に高知県から当選,29年朝鮮半島京釜鉄道の専務理事となり実業界に転じた。40年以後は東京の実業界で活躍。昭和期の名宰相吉田茂は綱の実子。東京で没す。<著作>『竹内綱自叙伝附竹内綱獄中日記抄録』(『明治文化全集』25巻)

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たけのうちつな【竹内綱】

1839‐1922(天保10‐大正11)
明治・大正期の政治家,実業家。吉田茂の父。土佐藩出身。戊辰戦争に従軍し,維新後,官吏となったが1875年辞職。後藤象二郎と高島炭坑の経営に従事した。立志社に加わり,西南戦争に呼応しようとしたため投獄された。81年自由党の結成に参加。90年帝国議会開設以来衆議院議員に当選3回。日清戦争後実業界に進出し,朝鮮の京釜鉄道,芳谷炭坑の社長などを務めた。【大日方 純夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹内綱の関連キーワード小野梓宿毛林有造宇田友四郎大石保小野義真川崎幾三郎薫的南桃作土佐一條

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹内綱の関連情報