コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松紫朝(初代) ふじまつ しちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士松紫朝(初代) ふじまつ-しちょう

1826-1902 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政9年6月19日生まれ。新内節幼時に失明し地歌,箏曲(そうきょく)をまなぶ。弘化(こうか)3年江戸にでて初代富士松魯中(ろちゅう)に入門,寄席での弾き語りはしぶく上品な芸で名人といわれた。なお,2代紫朝をついだ古賀城武(じょうたけ)は富士松派では代数にかぞえない。明治35年3月1日死去。77歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。本名は佐藤竹次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

富士松紫朝(初代)

没年:明治35.3.1(1902)
生年文政10(1827)
江戸後期から明治期の新内節の太夫。久留米生まれ。目が不自由で幼少から箏曲を学び,弘化3(1846)年初代富士松魯中の門に入り,新作運動に力を貸した。幕末には寄席に出て弾き語りをしたが,その上品な芸風で名人と呼ばれた。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

富士松紫朝(初代)の関連キーワード富士松 加賀太夫(5代目)富士松 紫朝(3代目)富士松加賀太夫(5代)富士松加賀太夫(5世)富士松魯中(初代)富士松紫朝(2代)柳家 紫朝(初代)富士松加賀太夫古賀 城武明治時代柳家紫朝柳家柴朝浄瑠璃没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android