コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士田音蔵(2代) ふじた おとぞう

2件 の用語解説(富士田音蔵(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士田音蔵(2代) ふじた-おとぞう

1798-1859 江戸時代後期の長唄唄方。
寛政10年生まれ。初代富士田千蔵の門弟。天保(てんぽう)6年3代富士田新蔵をついで立唄(たてうた)となり,12年2代音蔵を襲名。「美音の音蔵」とよばれ,天保の三名人のひとりにかぞえられる。晩年は滝村音蔵,多喜村音右衛門と改名。安政6年2月2日死去。62歳。初名は吉太郎。俳名は歌成。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富士田音蔵(2代)

没年:安政6.2.2(1859.3.6)
生年:寛政10(1798)
江戸後期の長唄唄方。初代富士田千蔵の門人。幼名吉太郎,前名新蔵。天保12(1841)年に2代目音蔵を襲名する。声量があり余るほどで節の切れ目が尻上がりになる独特の唄い方をし,しかも美声であったので「美音の音蔵」と呼ばれ,3代目岡安喜三郎,3代目芳村伊十郎と共に天保の三名人に数えられている。晩年,ゆえあって滝村音蔵あるいは多喜村音右衛門と改める。音蔵の名跡は,昭和期までに6代を数える。

(植田隆之助)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士田音蔵(2代)の関連キーワード富士田音蔵(初代)富士田音蔵(6代)富士田新蔵(4代)富士田千蔵(初代)富士田千蔵(2代)富士田千蔵(3代)富士田千蔵(4代)富士田千蔵(5代)富士田千蔵(7代)芳村孝次郎(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone