コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士田音蔵 ふじたおとぞう

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたおとぞう【富士田音蔵】

長唄の唄方。現在まで6世を数えるが,2世が著名。(1)初世(?‐1827(文政10)) 初世富士田吉次門弟。前名仁三郎。1770年(明和7)音蔵と改名。98年(寛政10)ころまで,森田座,中村座の立唄(たてうた)として活躍した。(2)2世(1798‐1859∥寛政10‐安政6) 初世富士田千蔵の門弟。前名新蔵。1841(天保12)2世を襲名。声量豊かで美声であったことから〈美音の音蔵〉と呼ばれ,岡安喜代八,3世芳村伊十郎とともに天保の三名人に数えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士田音蔵
ふじたおとぞう

長唄(ながうた)唄方。6世を数えるが、2世と5世が著名。[渡辺尚子]

初世

(?―1827)初世富士田吉次(きちじ)の門弟。前名富士田仁三郎。1770年(明和7)音蔵と改名。[渡辺尚子]

2世

(1798―1859)初世富士田千蔵の門弟で、前名は富士田新蔵。1841年(天保12)2世を襲名。声量豊かで美声であったため「美音の音蔵」とよばれ、天保(てんぽう)の三名人の一人に数えられている。3世(1838―71)は2世の三男で、1862年(文久2)3世を襲名。また4世(?―1885)は4世杵屋(きねや)弥三郎の次男で、2世音蔵の門弟にあたり、1873年(明治6)に襲名した。[渡辺尚子]

5世

(1874―1928)6世富士田千蔵の実子。3世松永和楓(わふう)、3世杵屋勝太郎に師事。前名富士田吉四郎。1904年(明治37)5世を襲名。3世杵屋栄蔵と長唄鶴命会(かくめいかい)を組織する。[渡辺尚子]

6世

(1899―1972)6世千蔵、5世音蔵に師事。前名富士田新蔵。1949年(昭和24)6世を襲名。尾上(おのえ)菊五郎劇団の立唄(たてうた)として活躍した。この6世の実子、6世新蔵は有望な唄方であったが、78年に病没し、名跡は絶えている。[渡辺尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富士田音蔵の言及

【吉住小三郎】より

…もと江戸の四谷で芋屋を営んでいたことから〈芋五郎の小三郎〉と呼ばれた。2世富士田音蔵,岡安喜代八(1792‐1870)(のちの3世岡安喜三郎)とともに天保の三名人といわれた。(3)3世(1832‐89∥天保3‐明治22) 2世の門弟で前名小太郎。…

※「富士田音蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富士田音蔵の関連キーワード富士田 音蔵(6代目)富士田 吉次(2代目)富士田 千蔵(7代目)富士田 音蔵(4代目)富士田音蔵(6代)富士田千蔵(7代)吉住小三郎(2代)岡安喜三郎(3代)富士田音蔵(3代)杵屋弥三郎(4代)富士田新蔵(3代)富士田音蔵(4代)富士田新蔵(4代)多喜村音右衛門4月12日1月20日長唄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android