コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射干玉の ヌバタマノ

3件 の用語解説(射干玉のの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬばたま‐の【射干玉の】

[枕]
「ぬばたま」のように黒い意から、「黒」「夜」「夕」「宵」「髪」などにかかる。うばたまの。むばたまの。
「―黒髪山を朝越えて」〈・一二四一〉
「―夜のふけゆけば」〈・九二五〉
夜にかかわるところから、「月」「夢」などにかかる。
「―夢(いめ)にはもとな」〈・三九八〇〉
「―月に向かひて」〈・三九八八〉

むばたま‐の【射干玉の】

[枕]ぬばたまの」の音変化。平安期以後の形。
「―闇のうつつは」〈古今・恋三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぬばたまの【射干玉の】

( 枕詞 )
「黒」にかかる。 「 -黒き御衣みけしをまつぶさに取り装ひ/古事記
「黒」に関係深いものとして、「夜」「夕」「こよひ」「昨夜きそ」「髪」にかかる。 「青山に日が隠らば-夜は出でなむ/古事記 」 「 -夕ゆうべに至れば/万葉集 199」 「 -今夜こよいの雪にいざ濡れな/万葉集 1646」 「 -昨夜は返しつ今夜こよいさへ我を帰すな道の長手を/万葉集 781」 「 -髪は乱れて/万葉集 1800
「夜」「(黒)髪」に関係深いものとして、「夢」「月」「妹」にかかる。 「我が背子がかく恋ふれこそ-夢いめに見えつつ/万葉集 639」 「 -月に向かひて/万葉集 3988」 「 -妹が乾すべくあらなくに/万葉集 3712

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

射干玉のの関連キーワードヌバック朝霞烏羽玉烏羽玉の鏡なす絹機土黒しバタ臭い猪じもの射干玉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone