尋常性瘡(にきび)(読み)じんじょうせいざそうにきび(英語表記)Acne Vulgaris

家庭医学館の解説

じんじょうせいざそうにきび【尋常性瘡(にきび) Acne Vulgaris】

◎毛嚢(もうのう)に皮脂(ひし)がたまる
[どんな病気か]
 思春期以降の人の顔面、胸、背中の中心部にある毛嚢(毛包(もうほう)とも呼ばれ、皮膚の中で毛根(もうこん)を包んでいる袋状の組織)と一致した部分に、面皰(めんぽう)、丘疹(きゅうしん)、膿疱(のうほう)、ときに結節(けっせつ)などの、いろいろな種類の皮疹(ひしん)ができるものを尋常性痤瘡にきび)といいます。
 面皰(めんぽう)は、毛孔(もうこう)に皮脂がつまってできる粟粒(あわつぶ)大で円錐形(えんすいけい)の硬い皮疹をいいますが、表面が開いていて黒くみえる黒色面皰(こくしょくめんぽう)(黒にきび)と、表面がふさがっていて白くみえる白色面皰(はくしょくめんぽう)(白にきび)とがあります。面皰のできた毛嚢の中に、皮脂がさらにたまると脂腺(しせん)がこわれ、赤い丘疹になります。これが俗にいう「にきび」の状態です。にきびに細菌感染が加わると、膿疱ができ、周囲の赤みが強くなります。膿(うみ)が排出した後は、色素沈着によってしみのように黒くなったり、へこんで瘢痕(はんこん)(傷跡)をつくったりします。
◎いろいろな因子が加わって発症
[原因]
 にきびは、俗にいう脂性(あぶらしょう)の人にできやすいのですが、皮脂の分泌過剰(ぶんぴつかじょう)だけが原因ではありません。皮脂の分泌過剰に、一時的なビタミンの代謝異常(たいしゃいじょう)や自律神経(じりつしんけい)の失調、胃腸の不調などが加わることも一因と考えられます。これに、皮膚常在菌(ひふじょうざいきん)や外からの細菌の感染の影響が、皮脂に加わることも原因になります。
 さらに、外部から接触刺激が加わると、にきびはできやすくなり、悪化します。たとえば、前髪がいつも額(ひたい)に触れていると額に、頬(ほお)づえをついていると頬に、よくできます。また、えり飾りや毛皮のえりのついた衣服はあごのにきびを悪化させます。これは、接触刺激によって表皮の角化(かくか)が進んで、毛孔がふさがったり、細菌感染がおこりやすくなるためです。
◎家庭でのケアで予防できる
[治療]
 にきびができやすい体質は遺伝します。にきびに悩まされた親をもつ人は、思春期に入ったら、手当を開始しましょう。丘疹の段階できちんと手当しないと、膿疱ができたり、周囲の皮膚まで炎症がおよび、汚いにきびになります。家庭でのケアが予防になりますので、毎日励行(れいこう)しましょう。
●家庭でのケア
①1日2回石けんで洗顔します。前髪の汚れはにきびを悪化させます。洗髪をこまめにするようにしましょう。市販のにきび用の外用剤(がいようざい)は使用上の注意をよく読んで、皮疹の部分に塗布(とふ)します。にきび用の外用剤には、皮膚を乾燥させる成分が含まれていますので、顔全体につけると異常乾燥をおこし、カサカサになることがあります。
②化粧品は、油成分の多いクリームやファンデーションの使用を中止し、にきびのある人用に処方された化粧水やパウダー、ポイントメーキャップ製品程度の使用にとどめます。
③便秘をすると、にきびが悪化します。便秘しないよう気をつけましょう。
④間食(とくに甘いもの)を慎んで、規則的に食事をとり、適度な運動、十分な睡眠を心がけましょう。
⑤前髪を短くするなど、にきびができやすい部分に、よけいな刺激が加わらないように注意しましょう。
⑥にきびはつぶしたり、ひっかいたりすると化膿(かのう)がひどくなり、あとを残しやすいので、汚れた手や指で触れないようにしましょう。
●医師が行なう治療
 症状に応じて抗生物質やビタミンB2の内服を行ないます。外用はナジフロキサシン、イブプロフェンピコノール配合製剤や硫黄(いおう)製剤を使います。家庭での手当をきちんとしないと、十分な治療効果があがりません。
 根気よく治療しますが、思春期を過ぎれば自然に治ります。あまり気にせず、いじりまわさないことです。にきびあとが気になるときは、軽くその部分をはぎとる手術もあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android