コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉謙 おぐら ゆずる

3件 の用語解説(小倉謙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉謙 おぐら-ゆずる

1895-1981 昭和時代の植物学者。
明治28年6月26日生まれ。昭和13年母校東京帝大の教授。植物形態学・解剖学を専門とする。21年シダ植物の解剖学的研究により学士院賞日本植物学会長。植物切手の収集家としても知られた。昭和56年3月18日死去。86歳。宮城県出身。著作に「植物形態学」「世界植物切手大図鑑」など。

小倉謙 おぐら-けん

1911-1977 昭和時代の官僚。
明治44年4月21日生まれ。内務省にはいり,戦後国家地方警察本部刑事部捜査課長,愛知県警察長などを歴任して,昭和33年第64代警視総監となる。在任中に六○年安保闘争がおこり,また浅沼稲次郎暗殺事件,嶋中(しまなか)事件など右翼テロが続発し,引責辞任。昭和52年7月23日死去。66歳。愛知県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小倉謙
おぐらゆずる
(1895―1981)

植物形態学者。仙台市出身。1919年(大正8)東京帝国大学理学部植物学科を卒業、大学院に進むが、同年、講師に就任。1939年(昭和14)教授となる。シダ植物の比較解剖学的研究を専攻して国際的にも高い評価を受けた。植物解剖学ハンドブックの一冊としてドイツ語で『シダ植物の栄養器官の解剖』(1938)を著し、これによって帝国学士院賞を受けた(1946)。その高潔な人格が広く尊敬を受け、日本植物学会会長、資源科学研究所所長などを歴任した。切手収集家としても知られる。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉謙の関連キーワード賀屋興宣青柳文雄飯沼一省石原周夫佐橋滋重政庸徳高瀬伝館林宣夫富田健治橋本清吉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone