コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小室信介 こむろしんすけ

百科事典マイペディアの解説

小室信介【こむろしんすけ】

自由民権運動家。丹後(たんご)国出身。小室信夫養子。《大阪日報》《京都日日新聞》などで民権論を唱え,各地に遊説。かたわら農民闘争の事跡を集め《東洋民権百家伝》を刊行(1883年―1884年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小室信介 こむろ-しんすけ

1852-1885 明治時代の新聞人。
嘉永(かえい)5年7月21日生まれ。明治11年「京都日日新聞」の編集にくわわり,12年大阪日報に入社,のち社長。星亨(とおる)に師事し,自由党員として活躍。明治18年8月25日死去。34歳。丹後(京都府)出身。慶応義塾中退。旧姓は小笠原。号は案外堂。著作に「東洋民権百家伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小室信介

没年:明治18.8.25(1885)
生年:嘉永5.7.21(1852.9.4)
明治前期の民権派ジャーナリスト。丹後国(京都府)宮津藩の砲術家小笠原忠四郎の次男。号は案外堂。京都に遊学し漢学を学ぶ。明治5(1872)年京都府の小学教員となるが,8年帰郷して天橋義塾を設立。9年小室信夫の長女幸子と結婚。小室姓になる。12年『大阪日報』に入社。次いで立憲政党幹事,自由新聞社員として民権運動に尽力するかたわら,百姓一揆指導者のほりおこしに取り組み,『東洋民権百家伝』(1883)などを刊行。また政治小説も執筆した。17年末,井上馨に随行して朝鮮に赴くが翌年帰国中に病死。<参考文献>季刊『郷土と美術』84号(小室信介紀念号)

(牧原憲夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こむろしんすけ【小室信介】

1852‐85(嘉永5‐明治18)
明治前期の政治家。小室信夫(しのぶ)の養子。案外堂と号する。宮津に生まれ京都で中沼了三に師事,1875年宮津の天橋義塾にむかえられ自由民権論を唱える。《大阪日報》社長を経て,80年近畿自由党,大阪立憲政党の創立に尽力。やがて中堅自由党員として《自由新聞》で健筆を振るう。壬午軍乱,清仏戦争,甲申政変で中国,朝鮮に渡り現地を視察,東亜問題の急を唱えた。一方,政治小説をものし,また《東洋民権百家伝》(1883)を編し,国権意識の覚醒をはかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小室信介の関連キーワード高梨利右衛門戸谷新右衛門松木荘左衛門小笠原長孝神永市兵衛小室案外堂涌井荘五郎明治時代宮村才蔵

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android