小牧(市)(読み)こまき

日本大百科全書(ニッポニカ)「小牧(市)」の解説

小牧(市)
こまき

愛知県北西部、名古屋市の北方にある市。1955年(昭和30)小牧町と味岡(あじおか)、篠岡(しのおか)の2村が合併して市制施行。大部分濃尾(のうび)平野の平坦(へいたん)地で占められ、東部のみ尾張(おわり)丘陵に属している。名古屋鉄道小牧線が通じ、道路は国道41号、155号のほか、名神東名高速道路の起終点となる小牧インターチェンジがあり、中央自動車道の分岐点(小牧ジャンクション)もあり、さらに2001年(平成13)には名古屋高速道路小牧線が開通している。また県営名古屋空港(豊山(とよやま)町、春日井(かすがい)市にまたがる)の所在地。市街地は犬山街道の旧宿場から発展したもので、太平洋戦争中に陸軍飛行場が建設された。村中(むらなか)地区に小牧インターチェンジができてからコンテナ基地や倉庫群ができ、遠距離輸送基地となり、一方、名古屋市から進出した機械・ゴム工場などが群立して内陸型工業都市となった。小牧山(国指定史跡)は孤立丘(86メートル)で戦国時代の古戦場。山頂には京都の飛雲閣(ひうんかく)を模した歴史館(小牧城)がそびえ、空堀や土塁の跡が保存されている。また、北東部にある大山廃寺跡も国指定史跡。県指定の文化財は高根(たかね)遺跡、清流亭のフジなど。田県(たがた)神社の豊年祭は奇祭として知られる。面積62.81平方キロメートル、人口14万9462(2015)。

[伊藤郷平]

『『小牧市史』5冊(1975~1982・小牧市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android