コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野清一郎 おのせいいちろう

6件 の用語解説(小野清一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野清一郎
おのせいいちろう

[生]1891.1.10. 岩手
[没]1986.3.9. 東京
刑法学者,法哲学者。東京大学卒業 (1917) 。東京大学教授 (23) 。道義的責任の観念を重視し,旧派の刑法理論を体系的に展開し,新派主観主義刑法理論に対抗するとともに,日本特有の法理を説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小野清一郎【おのせいいちろう】

刑法学者。岩手県出身。東京帝国大学(現,東京大学)卒業後,検事などを経て,1922年に東京帝国大学教授となる。客観主義の刑法学者として,主観主義刑法学を唱える恩師の牧野英一と対峙した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野清一郎 おの-せいいちろう

1891-1986 大正-昭和時代の法学者。
明治24年1月10日生まれ。検事をへて,大正12年母校東京帝大の教授となる。客観主義刑法論を展開。戦後は法務省特別顧問として,刑法改正作業を指導した。昭和47年文化勲章。昭和61年3月9日死去。95歳。岩手県出身。著作に「刑事訴訟法講義」「日本法理の自覚的展開」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おのせいいちろう【小野清一郎】

1891‐1986(明治24‐昭和61)
法学者。岩手県盛岡市出身。1917年東京帝大卒業。短期間検事として勤務したのち,東京帝大助教授,次いで教授となり,刑法,刑事訴訟法を担当した。フランスドイツに留学。客観主義の刑法学者として,牧野英一の主観主義刑法学と相対した。戦時下の言論活動のため,46年教職追放弁護士として登録し,東京裁判にも関与した。56年法務省特別顧問となり,刑法改正事業を指導した。学士院会員,東大名誉教授。主著として,《刑法講義》《刑事訴訟法講義》《法理学と“文化”の概念》《日本法理の自覚的展開》《犯罪構成要件の理論》《刑法に於ける名誉の保護》などがあるほか,仏教学者としても知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おのせいいちろう【小野清一郎】

1891~1986) 法学者。岩手県生まれ。東大教授。仏教の影響を受け、客観主義の法哲学・刑法理論を展開。著「犯罪構成要件の理論」「日本法理の自覚的展開」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野清一郎
おのせいいちろう
(1891―1986)

法学者。明治24年1月10日岩手県盛岡市に生まれる。東京帝国大学法科大学卒業後、司法官補、予備検事等を務め、1919年(大正8)同大学助教授、1923年に教授となり、刑法および刑事訴訟法を講じた。第二次世界大戦後の1946年(昭和21)、戦時中の国家主義的な言動により公職追放となり、これが解除される1952年まで弁護士(東京第一弁護士会所属)を務めていた。その後、1956年から1980年まで法務省特別顧問として刑法改正準備会会長を務め、刑法全面改正案(刑法改正準備草案、改正刑法草案)策定のなかで重要な役割を果たした。小野は旧派(古典学派)を代表する刑法学者として、ドイツ流の構成要件論を中核とする刑法・刑事訴訟法の理論を全面的に展開し、刑法の領域では、違法責任類型としての構成要件論、道義的責任論など、その後の日本の刑法理論に大きな影響を与えた。また、親鸞(しんらん)など仏教に対する造詣(ぞうけい)が深く、その法哲学や刑法理論に影響がみられる。代表的著作として、『犯罪構成要件の理論』、『刑事訴訟法』『新訂刑法講義総論』、『新訂刑法講義各論』、『刑法と法哲学』、『歎異抄講話』、『日本法理の自覚的展開』などがある。1958年東京大学名誉教授、1972年文化勲章受章。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小野清一郎の言及

【刑法理論】より

…牧野は,目的刑論,とくに教育刑論と主観主義犯罪論を強く主張した。これに対して,旧派を代表したのは,小野清一郎滝川幸辰(ゆきとき)であった。小野と滝川は,応報刑論と客観主義犯罪論をとった点では同様であったが,その基礎と内容には異質のものがあった。…

※「小野清一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小野清一郎の関連キーワード岩手県盛岡市愛宕町岩手県盛岡市上田岩手県盛岡市内丸岩手県盛岡市加賀野岩手県盛岡市門岩手県盛岡市下飯岡岩手県盛岡市繋岩手県盛岡市中野岩手県盛岡市本宮岩手県盛岡市湯沢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小野清一郎の関連情報