コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一国立銀行 だいいちこくりつぎんこう

大辞林 第三版の解説

だいいちこくりつぎんこう【第一国立銀行】

1873年(明治6)国立銀行条例によって日本で初めて設立された銀行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第一国立銀行
だいいちこくりつぎんこう

1873年(明治6)国立銀行条例に基づいて設立された国立銀行で、日本最初の近代的銀行。当初別々に銀行設立を計画していた三井(みつい)、小野両組が、井上馨(かおる)、渋沢栄一の勧めで、共同出資に踏み切って設立したものである。設立時の資本金は250万円。設立とともに渋沢は総監役として同行の経営に参画、1875年小野組破綻(はたん)後の経営危機にあたり頭取(とうどり)に就任した。これ以後渋沢の指導のもとに同行は、国立銀行の指導的地位にたつとともに、金融界近代化の先駆けとなり、王子製紙会社など近代工業の育成にも力を尽くした。また1878年には朝鮮にも進出、1909年(明治42)に韓国銀行が設立されるまで同国の中央銀行的役割を果たした。
 国立銀行の営業期間満了とともに1896年株式会社第一銀行と改組、普通銀行に転換し、五大銀行の一角を占めた。第二次世界大戦時の1943年(昭和18)、当時の国策に即して三井銀行と合併して帝国銀行となり、44年には十五銀行を合併、日本最大の普通銀行となった。戦後、金融機関の再建整備に際し、1948年(昭和23)に旧第一系が第一銀行、旧三井・十五系が帝国銀行(のち三井銀行と改称)として新発足した。第一銀行は1964年に朝日銀行を合併し、さらに71年には日本勧業銀行と合併して、第一勧業銀行となった。第一勧業銀行は2002年(平成14)4月、富士銀行、日本興業銀行と分割および合併し、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行に統合・再編された。[岡田和喜]
『第一銀行八十年史編纂室編『第一銀行史 上巻』(1957・第一銀行)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の第一国立銀行の言及

【小野組】より

…その後も前橋製糸所をはじめ長野県各地,福島県二本松などに製糸場を経営し,また,釜石,院内,阿仁などをはじめ東北各地の鉱山経営にも着手した。生糸取引は古河市兵衛が,為替店は小野善右衛門(西村勘六)が統轄していたが,1872年には三井小野組合銀行を組織した(1873年7月第一国立銀行となる)。小野組は維新以降,多方面で活躍したが,政府の為替方に対する方針はしだいに過酷となり,74年2月〈府県為替方設置手続および為替規則〉を改正し,担保は預り金の3分の1を預り金相当の金額とし,さらに10月には,追加担保は12月15日までに提出すべく厳達した。…

【近代建築】より

…それらは大工棟梁や職人の活躍に負うもので,在来の構法を駆使しつつ洋風らしさを表現しようとした。築地ホテル館(1868,東京)や第一国立銀行(1872,東京)などを造った清水喜助はその代表的人物である。またそのような木造洋風建築は,学校,病院,役場などを対象として全国的に普及した。…

【国立銀行】より

…そして国立銀行は,(1)株式会社組織を採用する,(2)資本金の6割を政府紙幣をもって政府に納入し,これと引換えに交付された公債証書を抵当として同額の銀行券を発行する,(3)資本金の4割を正貨をもって払い込み,兌換(だかん)準備にあてる,また,(4)発券業務のほか,預金・貸付け,為替など通常の銀行業務を営むものと定めた。73年6月の第一国立銀行(本店所在地東京)を最初として,第二(横浜),第四(新潟),第五(大阪)の4国立銀行が設立されたが,政府紙幣(太政官札等)増発のため,兌換銀行券の発行は失敗し,これらの国立銀行は資金不足から営業不振におちいった。政府は76年8月条例を改正し,銀行券の正貨兌換を通貨兌換に改め,かつ銀行券の発行額を資本金の8割に引き上げた。…

【第一銀行[株]】より

…国立銀行条例にもとづき,第一国立銀行として1873年(明治6)7月,資本金244万円余,渋沢栄一総監役(頭取)で設立された日本最初の銀行で,一般銀行業務のほか国立銀行紙幣を発行し官金出納事務取扱いもあわせ営んだ。とくに韓国においては,1909年10月韓国銀行設立まで中央銀行的役割を果たした。…

※「第一国立銀行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第一国立銀行の関連キーワードアレクサンドル・アラン シャンドシンクレア ウィークス第一勧業銀行[株]清水喜助(2代)渡辺佐助(2代)三井 八郎次郎佐々木 勇之助第一銀行[株]三井銀行[株]清水建設[株]佐々木 清麿築地ホテル館佐々木勇之助三井八郎次郎日下 義雄熊谷辰太郎三井 高福佐々木清麿尾高 次郎須藤時一郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第一国立銀行の関連情報