コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少額投資非課税制度 ショウガクトウシヒカゼイセイド

デジタル大辞泉の解説

しょうがくとうしひかぜい‐せいど〔セウガクトウシヒクワゼイ‐〕【少額投資非課税制度】

個人向けの投資優遇制度。平成26年(2014)1月導入。株式や投資信託の配当や譲渡益について、毎年100万円を上限とする新規購入分が最長5年間、非課税になる。非課税投資枠は最大500万円。制度を利用するには、証券会社や銀行などに専用の口座を開設する必要がある。口座は2023年まで開設可能で、2023年に開設した口座は2027年まで非課税となる。英国のISA(イーサ)個人貯蓄口座)を手本にしたもので、「日本版ISA」とも。愛称は「NISA(ニーサ)」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

少額投資非課税制度

年間100万円までの株式や投資信託などへの投資については、ここから配当や分配金売却益がいくら出ても税金をかからなくする制度。来年から2023年までの10年間の予定で始まり、同時に持てる対象資産は最大500万円(5年分)。国内に住む20歳以上は誰でも使える。株安対策で10%に下げられている売却益などへの税率が、来年1月に20%に戻る「穴埋め」として導入が決まった。投資になじみのない人たちを株式市場に呼び込む狙いもある。

(2013-05-30 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少額投資非課税制度
しょうがくとうしひかぜいせいど

個人による株式や投資信託(→証券投資信託)などへの新規投資が年 100万円までであれば,配当や売却益(譲渡益)などへの課税が最長 5年まで免除される制度。2014年1月開始。制度のモデルとなったイギリスの個人貯蓄口座 Individual Savings Account; ISAの日本版ということから,Nipponの Nをつけた「NISA」(ニーサ)の愛称がついた。株式配当などの譲渡益への課税を 20%から 10%に引き下げた措置が 2013年末に打ち切られたことをうけ,個人の金融資産を株式市場に振り向ける政策として導入された。実施期間は 2023年までの 10年間。制度を受けるためには金融機関に専用の口座を開く必要があり,1人 1口座まで,一度開設すると 4年間は変更できないなどの制限がある。売買の対象は株式や株式投資信託のほか,外国株や不動産投資信託,上場投資信託も含まれるが,個人向けの国債や社債は対象とならない。政府は,NISAが金融市場の活性化に役立ったと判断し,2015年度税制改正で,親や祖父母が子供や孫の名義でも口座を開設できるようにすることや,20歳以上の非課税限度額を年 100万円から 120万円に引き上げる拡充措置を行なった。(→株式等譲渡益課税制度

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少額投資非課税制度
しょうがくとうしひかぜいせいど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

少額投資非課税制度の関連キーワードつみたてNISAジュニアNISA損益通算イーサ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少額投資非課税制度の関連情報