コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少額投資非課税制度 ショウガクトウシヒカゼイセイド

3件 の用語解説(少額投資非課税制度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうがくとうしひかぜい‐せいど〔セウガクトウシヒクワゼイ‐〕【少額投資非課税制度】

個人向けの投資優遇制度。平成26年(2014)1月導入。株式や投資信託の配当や譲渡益について、毎年100万円を上限とする新規購入分が最長5年間、非課税になる。非課税投資枠は最大500万円。制度を利用するには、証券会社や銀行などに専用の口座を開設する必要がある。口座は2023年まで開設可能で、2023年に開設した口座は2027年まで非課税となる。英国のISA(イーサ)個人貯蓄口座)を手本にしたもので、「日本版ISA」とも。愛称は「NISA(ニーサ)」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

少額投資非課税制度

年間100万円までの株式や投資信託などへの投資については、ここから配当や分配金、売却益がいくら出ても税金をかからなくする制度。来年から2023年までの10年間の予定で始まり、同時に持てる対象資産は最大500万円(5年分)。国内に住む20歳以上は誰でも使える。株安対策で10%に下げられている売却益などへの税率が、来年1月に20%に戻る「穴埋め」として導入が決まった。投資になじみのない人たちを株式市場に呼び込む狙いもある。

(2013-05-30 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少額投資非課税制度
しょうがくとうしひかぜいせいど

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少額投資非課税制度の関連キーワードエンジェル税制個人向け国債NISA(ニーサ)個人投資家投資家投信法ベンチャーファンドフィスコI-20IIT運賃

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

少額投資非課税制度の関連情報