コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尹東柱 いんとうちゅう Yun Tongju

8件 の用語解説(尹東柱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尹東柱
いんとうちゅう
Yun Tongju

[生]1917.12.30. 満州,北間島明東
[没]1945.2.16. 福岡
朝鮮の詩人。幼名,海煥。延禧専門学校を経て渡日,同志社大学英文科在学中,独立運動を理由に日本警察に逮捕され,福岡刑務所で獄死。解放後の 1948年,文友の手によって遺稿詩集『空と風と星と詩』が刊行された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ユン‐ドンジュ【尹東柱】

[1917~1945]朝鮮の詩人。日本に留学中の1943年に独立運動容疑で逮捕され、獄死した。日本の併合下にあった民族の悲哀を叙情詩にうたった、詩集「空と風と星と詩」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尹東柱【いんとうちゅう】

朝鮮の詩人。1941年,延禧専門学校(現在の延世大学)をくり上げ卒業のあと,翌年立教大学をへて同志社大学に進学。1943年に思想犯の嫌疑で逮捕,2年の刑で福岡刑務所で服役中に獄死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尹東柱 ユン-ドンジュ

1917-1945 朝鮮の詩人。
1917年12月30日中国北間島(現吉林省)生まれ。ソウルの延禧専門学校卒業後,昭和17年日本に留学,立大から同志社大英文科に編入。18年朝鮮独立運動にかかわったとして逮捕され,昭和20年2月16日福岡刑務所で獄死した。29歳。中学時代から詩をかき,遺稿詩集に「空と風と星と詩」。

尹東柱 いん-とうちゅう

ユン-ドンジュ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いんとうちゅう【尹東柱 Yun Tong‐ju】

1917‐45
朝鮮の詩人。中国,北間島の明東生れ。延禧専門学校(現在の延世大学校)を経て1943年日本の同志社大学英文科に在学中,思想犯として捕らえられ,45年2月福岡刑務所で獄死した。中学時代から詩を書いており,キリスト教信仰と民族愛がとけ合った朝鮮語による詩は植民地下の暗黒時代に民族の詩心を代弁した。詩集に死後刊行された《空と風と星と詩》(1955)がある。〈死ぬ日まで天を仰ぎ/一点の恥ずべきことなきを/草葉に立つ風にも/わたしは心苦しんだ〉と〈序詩〉でうたったように,彼は〈悲しい族属〉(詩集中の一編)の一人として殉節の精神をまっとうした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ユンドンジュ【尹東柱】

1917~1945) 朝鮮の詩人。中国東北部間島に生まれる。同志社大学在学中、治安維持法で捕らえられ、獄死。民族の悲哀を抒情詩にうたう。詩集「空と風と星と詩」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尹東柱
いんとうちゅう / ユンドンジュ
(1917―1945)

朝鮮の詩人。旧満州で牧師を祖父として育ち、1935年平壌の中学に移った。のちソウルの延禧専門学校(現延世大学)に学び、41年日本に留学。同志社大学在学中「思想不穏、微弱だが西欧思想に感染」のかどで逮捕され、福岡刑務所で獄死した。遺稿の多くは解放後発刊された『空と風と星と詩』(1948)に収録されている。同詩集の『序詩』の「死ぬ日まで空を仰ぎ/一点の恥ずかしさ無きことを/葉末におこる風にも/わたしは心傷ついた/あらゆる死にゆくものを愛さねば/そしてわたしに与えられた道を/歩まねば」という一節は、そのまま、東柱の生き方を示したものでもあった。[大村益夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尹東柱の関連キーワード衛満間島金素月李陸史鄭芝溶朴世永杜詩愛知県海部郡大治町北間島北間島《北間島》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尹東柱の関連情報