コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村天囚 にしむら てんしゅう

9件 の用語解説(西村天囚の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

西村天囚

漢学者・小説家・評論家。鹿児島県生。名は時彦、字は子駿、別号に囚居士・随心菴主等。朝日新聞社論説委員として内藤湖南と共に活躍した。大正13年(1924)歿、60才。

西村天囚

小説家・ジャーナリスト。大隈種子島生。名は時彦。字は子駿、別号に硯園等。東大中退。小説『屑屋の籠』を発表したのち、大阪朝日新聞社に入社。日清戦争従軍記者などをつとめる。在職中より京都帝大講師。他の著書に『日本宋学史』『学会の偉人』等。大正13年(1924)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にしむら‐てんしゅう〔‐テンシウ〕【西村天囚】

[1865~1924]新聞記者・小説家・漢学者。大隅種子島の人。名は時彦。大阪朝日新聞社社員、のち宮内省御用掛などを務めた。小説「屑屋の籠」、著「日本宋学史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西村天囚【にしむらてんしゅう】

新聞記者,小説家,漢学者。本名時彦。別号碩園(せきえん)。種子島生れ。東京帝国大学古典講習科中退。1887年小説《屑屋の籠》を出版して注目される。1889年から《大阪朝日新聞》記者として活躍する一方,浪花文学会を結成,《なにはがた》《浪花文学》の中心メンバーとして大阪文化の高揚に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村天囚 にしむら-てんしゅう

1865-1924 明治-大正時代の小説家,ジャーナリスト。
慶応元年7月23日生まれ。小説「屑屋(くずや)の籠(かご)」で名声をえる。明治23年大阪朝日新聞社に入社,日清(にっしん)戦争の従軍記者などをつとめた。大正13年7月29日死去。60歳。大隅(おおすみ)(鹿児島県)出身。東京大学中退。名は時彦(ときつね)。別号に碩園など。著作はほかに「日本宋学史(そうがくし)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西村天囚

没年:大正13.7.29(1924)
生年:慶応1.7.23(1865.9.12)
明治大正時代のジャーナリスト。本名時彦。晩年は硯園と号した。大隅国種子島西之表(鹿児島県西之表)に生まれる。父は時樹,母は浅子。東京帝大文学部中退後,明治21(1888)年滋賀県大津の『さゝ浪新聞』主筆。22年政論紙『大阪公論』,23年『大阪朝日新聞』記者となる。26年ウラジオストクに特派され,27年ソウルから日清戦争の戦況を報道。29年『東京朝日新聞』に移るが,35年『大阪朝日新聞』に復帰。大正デモクラシーに関しては,社内の保守派の代表格として,鳥居素川,長谷川如是閑らの進歩的自由主義派と対立があった。大正7(1918)年の白虹事件後,編輯顧問となって,不偏不党明文化した「朝日新聞編輯綱領」や,いわゆる「本領宣明」を起草した。宋学の教養があり,京大講師のほか,大阪の懐徳堂の再建に尽力した。8年朝日新聞社を退社。10年宮内省御用掛となり,12年の「国民精神作興の詔書」などの起草に当たった。<参考文献>朝日新聞百年史編修委員会『朝日新聞社史』(明治編,大正・昭和戦前編),後醍院良正『西村天囚伝』

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にしむらてんしゅう【西村天囚】

1865~1924) 新聞記者・小説家・漢学者。本名、時彦。大隅国種子島の人。東大中退。大阪朝日新聞社員。政治的風刺小説「屑屋の籠」で文名を上げ浪花文学会を興した。主著「日本宋学史」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西村天囚
にしむらてんしゅう

[生]慶応1(1865).7.23. 薩摩
[没]1924.7.29. 東京
明治・大正期の新聞記者,漢学者。本名は時彦 (ときつね) 。 1880年に上京して東京大学文学部に入学したが,学資が続かず中退。しばらく小説を書いていたが,1889年『大阪朝日新聞』の傍系の高級政治紙『大阪公論』に入社。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西村天囚
にしむらてんしゅう
(1865―1924)

明治・大正期の新聞記者、漢学者。本名時彦(ときつね)。別号硯園(せきえん)。慶応(けいおう)元年7月23日薩摩(さつま)国(鹿児島県)種子島(たねがしま)に生まれる。上京し、重野安繹(やすつぐ)につき宋(そう)学を学ぶ。東京大学古典講習科に入学したが、学資が続かず退学。小説『屑屋(くずや)の籠(かご)』(1887~1888)を書き、評判を得た。『大阪公論』を経て、1890年(明治23)大阪朝日新聞社に入社。日清(にっしん)戦争の従軍記事によって文名を高めた。大正期の大阪朝日新聞社内では、鳥居素川(そせん)らの進歩派グループと対立する保守派グループの中心的存在だったが、指導権争いに敗れ、第一線からは遠ざけられた。この間、漢学の研究に力を入れ、京都帝国大学講師を務めたほか、大阪の懐徳堂(江戸中期の学校)復興にも尽力した。1918年(大正7)白虹(はっこう)筆禍事件によって素川らが退社するや、編集顧問として復帰。それまでの編集路線を自己批判し、「不偏不党」路線をとることを宣言する社説を執筆した。翌1919年退社。以後は宮内省御用掛などを務めた。大正13年7月29日死去。[有山輝雄]
『小沼量平編『硯園先生追悼録』(1925・懐徳堂堂友会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西村天囚の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議井手鉄処小林雄一佐藤密蔵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西村天囚の関連情報