コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋良朝苗 やらちょうびょう

4件 の用語解説(屋良朝苗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋良朝苗
やらちょうびょう

[生]1902.12.13. 沖縄,読谷
[没]1997.2.14. 沖縄,那覇
教育者,元沖縄県知事。広島高等師範学校を卒業。沖縄と台湾で教師をつとめた。 1946年沖縄に引揚げ,知念高等学校校長。 50年沖縄教職員会会長。 68年革新勢力に推され琉球政府主席に当選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

屋良朝苗

沖縄県読谷村出身の教師。米国統治下の沖縄で沖縄教職員会長、沖縄県祖国復帰協議会長などを務め、1968年11月の琉球政府行政主席選で「即時復帰」を掲げて当選。それまでの米国民政府任命に代わって初の公選主席となった。72年5月15日の本土復帰と同時に知事となり2期務めた。

(2011-12-05 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

屋良朝苗 やら-ちょうびょう

1902-1997 昭和時代の教育者,政治家。
明治35年12月13日生まれ。沖縄県立第一高女教諭,台北師範教授などをへて戦後,知念高校長,沖縄群島政府文教部長を歴任。昭和27年沖縄教職員会を設立して会長となる。祖国復帰運動をつづけ,43年琉球政府主席,47年に復帰後初の沖縄県知事となった。平成9年2月14日死去。94歳。沖縄県出身。広島高師卒。著作に「沖縄の夜明け」「私の歩んだ道」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋良朝苗
やらちょうびょう
(1902―1997)

教育者、政治家。沖縄県読谷(よみたん)村で生まれる。広島高等師範学校卒業後、沖縄県教諭となる。1943年(昭和18)台北師範教授。第二次世界大戦後、沖縄に戻り知念(ちねん)高校校長として自主性と創造性を重んじた教育を実践。1950年(昭和25)沖縄群島政府文教部長に就任し、戦災校舎の復興改善に尽力。1952年沖縄教職員会を組織し初代会長。1960年沖縄県祖国復帰協議会会長。1968年初の琉球(りゅうきゅう)政府主席公選に野党統一候補として出馬当選。返還闘争が激化するなか、米民政府(琉球列島米国民政府)や佐藤栄作首相と折衝を重ね、施政権獲得に全力を傾ける。さらに1972年6月復帰後最初の沖縄県知事選で革新統一候補として出馬、圧勝した。1976年知事退任。平成9年2月14日没。[小田部雄次]
『『屋良朝苗回顧録』(1977・朝日新聞社) ▽『激動八年――屋良朝苗回想録』(1985・沖縄タイムス社) ▽喜屋武真栄著『戦後の沖縄を創った人――屋良朝苗伝』(1997・同時代社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の屋良朝苗の言及

【沖縄[県]】より

… 復帰運動の理念は日本国憲法の民主主義と平和主義の精神を異民族支配下の特殊政治状況の中で実現化するところにあり,それは復帰協に結集する沖縄民衆の闘争の蓄積によって支えられていた。68年には屋良朝苗を初の公選主席に当選させるほどに運動は高揚し,72年5月15日の施政権返還というかたちで,日米両政府間における沖縄返還が歴史的事実となったのである。しかし,その時点でアメリカ軍基地の存続が認められ,一部自衛隊の使用に供されて,軍事基地の問題は未解決のまま残されたために,沖縄戦を思いおこし,戦争への危機感をうえつけている(この点を歴史的に第三の琉球処分と評価する視点もある)。…

※「屋良朝苗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

屋良朝苗の関連キーワード河井道斎藤喜博赤井米吉安里彦紀神谷い代子小林倭子作田彦佐藤タ子平田ヒデ松原郁二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋良朝苗の関連情報