コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻須高徳 おぎす たかのり

7件 の用語解説(荻須高徳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荻須高徳

洋画家。愛知県生・川端画学校藤島武二に師事し、東美校を卒業後、佐伯裕三に鼓舞され渡仏、裕三・ユトリロの影響を受け、サロン・ドートンヌ会員となる。一度帰国し新制作派協会会員となるが、戦後再び渡仏し、パリで永住し、主にパリの下町風景を描いた。日本をはじめヨーロッパ各地で個展を開き、展覧会に出品するなど国際的に活躍した。毎日美術賞特別賞受賞。フランス政府よりシュバリエ・ド・レジョン・ト・ヌール勲章を授与される。文化功労者。死後文化勲章を追贈された。昭和61年(1986)歿、84才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おぎす‐たかのり〔をぎす‐〕【荻須高徳】

[1901~1986]洋画家。愛知の生まれ。フランスに留学。佐伯祐三に師事し、ユトリロ的な画風でパリの風景を描いた。帰国後、新制作協会会員となるが、再びパリに戻り、サロン‐ド‐メに毎年招待出品。文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荻須高徳【おぎすたかのり】

洋画家。愛知県生れ。1927年東京美術学校卒業と同時に渡仏,均衡のとれた明快な色彩と堅牢なマチエールでパリの街景を描いた。サロン・ドートンヌなどに出品するとともに個展を開き,1936年サロン・ドートンヌ会員。
→関連項目名古屋市美術館山口長男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻須高徳 おぎす-たかのり

1901-1986 大正-昭和時代の洋画家。
明治34年11月30日生まれ。川端画学校で藤島武二にまなび,東京美術学校(現東京芸大)卒業後,フランスにわたる。サロン-ドートンヌ会員。昭和23年ふたたびフランスにわたり,パリを中心に制作活動をおこなった。昭和61年10月14日パリで死去。84歳。没後に文化勲章。愛知県出身。代表作に「プラス・サンタンドレ」「街角」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おぎすたかのり【荻須高徳】

1901~1986) 洋画家。愛知県生まれ。東京美術学校卒業後渡仏し、佐伯祐三の影響のもとで画業を確立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻須高徳
おぎすたかのり

[生]1901.11.30. 愛知,稲沢
[没]1986.10.14. パリ
洋画家。川端画学校で藤島武二の教えを受けたあと,1927年東京美術学校 (現・東京芸術大学) を卒業。すぐにフランスに留学し,佐伯祐三らとともに学び,ユトリロの影響を受けてパリの古い町並みを描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻須高徳
おぎすたかのり
(1901―1986)

洋画家。愛知県生まれ。川端画学校に学び、1927年(昭和2)東京美術学校西洋画科を卒業してフランスへ留学する。佐伯祐三(さえきゆうぞう)に師事。31年からサロン・ドートンヌ(のち会員となる)、サロン・デ・チュイルリー、サロン・デ・ザンデパンダンに出品を始める。各地に制作旅行し、個展を開き、フランス政府に作品を買い上げられる。40年パリ陥落後に帰国し、新制作派協会の会員となり、滞欧作を特陳。48年(昭和23)、第二次世界大戦後初めて日本人画家としてフランスに再入国し、翌年モナコ賞展で大賞を受ける。サロン・ド・メに毎年招待出品。53年ポピュリスト絵画賞、翌年毎日美術賞(特別賞)、56年レジオン・ドヌール勲章。パリやベネチアなどの風景画で知られ、81年文化功労者、86年文化勲章追贈。[小倉忠夫]
『『画集荻須高徳』(1981・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻須高徳の関連情報