コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡元隣 やまおかげんりん

8件 の用語解説(山岡元隣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山岡元隣
やまおかげんりん

[生]寛永8(1631).伊勢山田
[没]寛文12(1672).6.27.
江戸時代前期の俳人,仮名草子作者。別号,而慍斎 (じうんさい) ,洛陽山人。商家に生れ,上京して北村季吟に俳諧,和学を学んだ。仮名草子『他我 (たが) 身の上』 (1657) ,『小巵 (こさかずき) 』 (72) の作がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまおか‐げんりん〔やまをか‐〕【山岡元隣】

[1631~1672]江戸前期の俳人・仮名草子作者。伊勢の人。字(あざな)は徳甫(とくほ)。別号、而慍斎(じうんさい)・洛陽山人。北村季吟に和歌・俳諧を学び、仮名草子・俳諧・古典注釈に活躍した。俳文集「宝蔵」、仮名草子「他我(たが)身の上」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山岡元隣【やまおかげんりん】

江戸前期の仮名草子作者,また歌人,俳人,国学者。伊勢山田の商家出。後に医家。北村季吟に和歌,俳諧を学ぶ。俳文《宝蔵》(1671年)は和漢の故事を多く引き,洒落飄逸(しゃらくひょういつ)な味をもつ,俳文の嚆矢(こうし)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡元隣 やまおか-げんりん

1631-1672 江戸時代前期の俳人,仮名草子作者。
寛永8年生まれ。医業のかたわら北村季吟(きぎん)にまなび,寛文6年ごろ宗匠として独立。俳文集「宝蔵(たからぐら)」,仮名草子「他我(たが)身の上」などのほか古典注釈書をあらわした。寛文12年閏(うるう)6月27日死去。42歳。京都出身。名は新三郎。字(あざな)は徳甫。別号に而慍斎(じうんさい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山岡元隣

没年:寛文12.閏6.27(1672.8.19)
生年:寛永8(1631)
江戸時代の俳人,仮名草子作者。名は新三郎,字は徳甫。而慍斎,洛陽山人などとも号する。伊勢山田出身の京都の商家に生まれるが,生来病弱であったため廃業し,医を業とする傍ら,北村季吟の門で俳諧や和学を学ぶ。寛文6(1666)年ごろ,宗匠として独立したらしい。俳文の嚆矢とされる『宝蔵』(1671)のほか,『徒然草増補鉄槌』(1669)などの古典の注釈書,『他我身之上』(1657)などの仮名草子,怪談を評判したもので没後に出版された『古今百物語評判』(1686)などの著作がある。

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまおかげんりん【山岡元隣】

1631‐72(寛永8‐寛文12)
江戸初期の医者,俳人,国学者。徳甫,而慍斎(じうんさい)とも称す。伊勢山田の商家に生まれたが,京都に出て医を志した。しかし北村季吟について古典や俳諧を学び,多くの著述をした。儒仏道や日常の心得について書いた随筆《他我(たが)身の上》,説話集といえる《小さかづき》,教訓的な《百物語評判》などがあるが,《宝蔵(たからぐら)》《歌仙揃》《俳諧合》《俳諧仕様》などの俳諧書も多い。また《伊勢物語言余抄》《源氏家伝抄》《徒然草鉄槌増補》《方丈記抄》《水鏡抄》などの古典研究書や,《吉野山独案内》のような案内記もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまおかげんりん【山岡元隣】

1631~1672) 江戸前期の仮名草子作者・俳人。字あざなは徳甫。京の人。医を業とし、また、国学・和歌・俳諧を北村季吟に学ぶ。著に仮名草子「他我身之上」、俳書「宝蔵」、注釈書「徒然草増補鉄槌」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山岡元隣
やまおかげんりん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山岡元隣の関連キーワード浅見左逸秦宗巳半井古仙医者坊主国学者手医者伯庵金玉医者工夫の医者而慍斎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone