コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦源四郎(2世) やまびこげんしろう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山彦源四郎(2世)
やまびこげんしろう[にせい]

[生]?
[没]寛政4(1792).10.16.
河東節の三味線方。1世山彦源四郎の門人山彦孫四郎の子長蔵。前名秀次郎。宝暦年間 (1751~64) 末頃2世となり,6世十寸見河東まで弾いた。『道成寺』などの作曲がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山彦源四郎(2世)の関連キーワード寛政

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android