コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本東次郎 やまもととうじろう

2件 の用語解説(山本東次郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山本東次郎【やまもととうじろう】

能楽師。大蔵流狂言方。前名河内晋。2世東次郎の養子。1935年3世を襲名。武家式楽の風をのこした雄渾(ゆうこん)な芸風。大名物などの風格に評価が高かった。1972年長男則寿〔1937-〕が4世東次郎を襲名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本東次郎
やまもととうじろう
(1898―1964)

能楽師。大蔵流(おおくらりゅう)狂言方。山本東次郎家3世。前名、河内晋(かわちすすむ)。名乗(なのり)、則重(のりしげ)。山本東次郎家は、江戸時代には豊後(ぶんご)竹田・中川藩の江戸詰(づめ)狂言方で倉谷八三郎(くらたにやさぶろう)の芸系を受けた初世東次郎則正(のりまさ)(1836―1902。隠居名、東(あずま))に始まり、その長男の2世東次郎則忠(のりただ)(1864―1935)が古格を守った剛直な芸風を確立した。3世東次郎は大分県竹田町(現竹田市)に生まれ、1907年(明治40)上京し、2世東次郎に入門、29年(昭和4)に養子となる。師父の風を継承し、能と狂言は表裏一体をなす同質の芸であるとの主張のもとに、修飾の少ない端正な舞台に終始した。第二次世界大戦後、全国に学校巡演を行い、狂言を青少年層に普及した功績は大きい。著書に『間(あい)狂言の研究』がある。4世東次郎則寿(のりひさ)(1937― )、則直(のりただ)(1939― )、則俊(のりとし)(1942― )の三男とも家芸を継ぐ。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本東次郎の言及

【大蔵流】より

…千五郎家では正虎の孫茂山千作(1896‐1986)が重要無形文化財保持者各個指定(人間国宝)を受け,その息12世千五郎・千之丞ら,茂山忠三郎家では良豊の孫4世忠三郎らが京都を中心に活躍し,善竹家では弥五郎の息忠一郎・玄三郎・幸四郎らが阪神を中心に,現宗家の大蔵弥太郎,善竹圭五郎らが東京を中心に活躍している。
[山本家]
 豊後岡(竹田)中川藩の江戸詰藩士であった山本東次郎則正(東(あずま))が初世。則正は倉谷(くらたに)家の狂言を学び,明治維新後の東京で活躍。…

※「山本東次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本東次郎の関連キーワード大蔵虎武山口蓼洲大蔵流野村万蔵大蔵虎寛金春四郎次郎高安雄二郎山本東次郎(3代)山本東次郎(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本東次郎の関連情報