コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田わか やまだわか

3件 の用語解説(山田わかの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山田わか【やまだわか】

評論家,婦人運動家。神奈川県出身。生家の窮乏で単身渡米し,苦界に身を沈める。脱出後,社会学者山田嘉吉と結婚,1906年帰国し,嘉吉の薫育で《青鞜》誌上に翻訳・評論を発表するまでになり,婦人問題評論家として新聞・雑誌に活躍,身上相談欄の回答者としても信頼された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田わか やまだ-わか

1879-1957 大正-昭和時代の婦人運動家。
明治12年12月1日生まれ。渡米先でだまされて苦界に身をしずめる。救済施設にのがれ,山田嘉吉と結婚。明治39年帰国し,「青鞜(せいとう)」などで母性尊重をうったえ,与謝野晶子と論争する。昭和9年母性保護法制定促進婦人連盟初代委員長。戦後は売春婦の更生につくした。昭和32年9月6日死去。77歳。神奈川県出身。旧姓は浅葉。著作に「女・人・母」,小説に「女郎花(おみなえし)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまだわか【山田わか】

1879‐1957(明治12‐昭和32)
大正・昭和期の評論家。神奈川県の農家に生まれ,生家の窮乏により18歳で渡米して苦界に身を沈めた。苦界脱出後,在米の民間学者山田嘉吉と結婚,1906年に帰国。夫に薫育され,《青鞜》への寄稿がきっかけで婦人問題評論家に転身。母性の尊重と保護を主張して新聞雑誌に活躍,身上相談欄の回答者としても信頼された。34年母性保護法制定促進婦人連盟の委員長となり活動する一方,母子寮や保育園を創立,売春婦更生事業にも足跡を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山田わかの関連キーワード古賀マサノ坂本真琴高橋千代竹田津春江早川かい平岡初枝星かつゑ碧川かた武藤ヒデ山岡春

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山田わかの関連情報