コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田わか やまだわか

百科事典マイペディアの解説

山田わか【やまだわか】

評論家,婦人運動家。神奈川県出身。生家窮乏で単身渡米し,苦界に身を沈める。脱出後,社会学者山田嘉吉と結婚,1906年帰国し,嘉吉の薫育で《青鞜誌上に翻訳・評論を発表するまでになり,婦人問題評論家として新聞・雑誌に活躍,身上相談欄の回答者としても信頼された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田わか やまだ-わか

1879-1957 大正-昭和時代の婦人運動家。
明治12年12月1日生まれ。渡米先でだまされて苦界に身をしずめる。救済施設にのがれ,山田嘉吉と結婚。明治39年帰国し,「青鞜(せいとう)」などで母性尊重をうったえ,与謝野晶子と論争する。昭和9年母性保護法制定促進婦人連盟初代委員長。戦後は売春婦更生につくした。昭和32年9月6日死去。77歳。神奈川県出身。旧姓は浅葉。著作に「女・人・母」,小説に「女郎花(おみなえし)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまだわか【山田わか】

1879‐1957(明治12‐昭和32)
大正・昭和期の評論家。神奈川県の農家に生まれ,生家の窮乏により18歳で渡米して苦界に身を沈めた。苦界脱出後,在米の民間学者山田嘉吉と結婚,1906年に帰国。夫に薫育され,《青鞜》への寄稿がきっかけで婦人問題評論家に転身。母性の尊重と保護を主張して新聞雑誌に活躍,身上相談欄の回答者としても信頼された。34年母性保護法制定促進婦人連盟の委員長となり活動する一方,母子寮や保育園を創立,売春婦更生事業にも足跡を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山田わかの関連キーワード母性保護論争からゆきさん山高しげり昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田わかの関連情報