コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡安喜三郎(3世) おかやすきさぶろう[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡安喜三郎(3世)
おかやすきさぶろう[さんせい]

[生]寛政4(1792)
[没]明治3(1870).11.29.
長唄唄方の家元。1世岡安喜三郎の門弟。前名喜代八。嘉永3 (1850) 年3世を襲名,明治1 (68) 年喜翁と改名。天保の三名人の1人に数えられ,特に『勧進帳』の「人目の関」をうたって好評を博したことは有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の岡安喜三郎(3世)の言及

【吉住小三郎】より

…もと江戸の四谷で芋屋を営んでいたことから〈芋五郎の小三郎〉と呼ばれた。2世富士田音蔵,岡安喜代八(1792‐1870)(のちの3世岡安喜三郎)とともに天保の三名人といわれた。(3)3世(1832‐89∥天保3‐明治22) 2世の門弟で前名小太郎。…

※「岡安喜三郎(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡安喜三郎(3世)の関連キーワード石井庄助ラ・マルセイエーズ雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火コシチューシコ州兵ルイ16世アルフィエーリ雲仙岳カラムジンカートライト(Edmund Cartwright)

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android