コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡安喜三郎(3代) おかやす きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡安喜三郎(3代) おかやす-きさぶろう

1792-1871* 江戸後期-明治時代の長唄唄方。
寛政4年生まれ。初代喜三郎の門弟。はじめは喜代八を名のり,美声で知られ,天保(てんぽう)11年江戸河原崎座での「勧進帳」初演に2代吉住小三郎とともに立唄をつとめ,人気をえた。文久年間に3代をついだ。明治3年11月29日死去。79歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡安喜三郎(3代)

没年:明治3.11.29(1871.1.19)
生年:寛政4(1792)
江戸後期の長唄唄方。初代岡安喜三郎の門人で,前名喜代八。文久年間(1861~64)に喜三郎を襲名するが,むしろ喜代八の名前で有名。非常な美声家で,天保11(1840)年3月の「勧進帳」初演時に「人目の関」を唄い好評を博す。2代目富士田音蔵,3代目芳村伊十郎(のち2代目吉住小三郎)と共に,天保の三名人。喜三郎の名跡は,平成期までに7代を数える。<参考文献>町田博三『長唄稽古手引草』

(植田隆之助)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

岡安喜三郎(3代)の関連キーワード杵屋 巳太郎(5代目)岡安 喜三郎(6代目)岡安 喜三郎(4代目)岡安 喜三郎(5代目)梅屋 平吉(3代目)岡安 南浦(3代目)岡安喜三郎(3世)岡安喜三郎(6代)富士田音蔵(2代)吉住小三郎(2代)杵屋弥十郎(4代)杵屋巳太郎(5代)岡安喜三郎(4代)岡安喜三郎(2世)岡安喜三郎(5世)岡安喜三郎(6世)岡安喜三郎(5代)岡安喜三郎(4世)岡安喜三郎(7世)梅屋平吉(3代)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android