コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手・宮城内陸地震 いわてみやぎないりくじしん

4件 の用語解説(岩手・宮城内陸地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩手・宮城内陸地震
いわてみやぎないりくじしん

2008年6月14日午前8時43分頃,宮城県と秋田県との県境に近い岩手県南部で発生したマグニチュードM)7.2の地震。気象庁による正式名称は「平成20年(2008年)岩手・宮城県内陸地震」。震源は北緯 39°01.7′,東経 140°52.8′,深さ 8km。岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度 6強の最大震度を記録したほか,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県で震度 5弱以上の強いゆれを観測した。震源域が火山噴出物で覆われた山間部であったため大規模な地すべりが発生し,土砂崩れや落石も多発した。栗原市の駒ノ湯温泉では発生した土石流に宿泊客と従業員が巻き込まれ,7人が死亡した。この死者を含めた人的被害は死者 17人,行方不明者 6人,負傷者 426人。家屋の被害は栗原市を中心に全壊 30棟,半壊 146棟,一部損壊 2521棟であった(2009.7.2現在。総務省消防庁)。活発な余震活動があり,6月14日午前9時20分に M5.7の最大余震が発生した。余震は,岩手県南部から宮城県北部にかけて北北東から南南西に延びる長さ約 45km,幅約 15km の領域で発生した。地震波や全地球測位システム GPS合成開口レーダなどの観測データの分析により,本震は北北東―南南西方向に伸びた長さ約 30kmの逆断層により引き起こされたことがわかった。この断層上に最大約 5mの食い違いが生じ,地表でもずれが確認された。この断層に対応する活断層は,それまで指摘されていなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岩手・宮城内陸地震

2008年6月14日午前8時43分ごろに発生。宮城、岩手、福島の3県に17人の死者をもたらした。被害が集中したのが震度6強の栗原市内で、死者13人。発生から2年近くを経ても6人が行方不明になっている。同市内の全壊家屋27棟、半壊128棟、一部破損1414棟(消防庁など調べ)。地震は人口密度が希薄な中山間地域で土砂崩れを引き起こし、栗駒山麓(さんろく)南東の耕英地区と、花山湖から北西に延びる国道398号沿いの地域が被害の中心になった。

(2010-06-11 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

岩手・宮城内陸地震

2008年6月14日午前8時43分に発生。震源は県内陸南部の地下8キロ、マグニチュード(M)は7・2。奥州市などで震度6強、一関市などで同5強を記録した。県内では一関市と奥州市で死者2人、重軽傷者37人、住宅の全壊2棟、半壊4棟、一部損壊778棟の被害が出た。宮城県と合わせた被害は死者16人、行方不明者4人、重軽傷者402人。

(2013-06-15 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわてみやぎないりく‐じしん〔いはてみやぎナイリクヂシン〕【岩手・宮城内陸地震】

平成20年(2008)6月14日、岩手県内陸南部を震源に発生したマグニチュード7.2の地震。岩手県奥州市と宮城県栗原市で最大震度6強を観測。土砂災害による被害が大きく、400人をこえる死傷者が出た。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩手・宮城内陸地震の関連キーワード採石業登録記念物服部紗弥立花麗美加瀬澤拓未井手上梓漁業金融高等教育ゴム工業皮革工業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩手・宮城内陸地震の関連情報