岩手町(読み)いわて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩手〔町〕
いわて

岩手県北部,北上川上流域にある町。 1955年沼宮内 (ぬまくない) 町と川口,一方井 (いつかたい) ,御堂の3村が合体,町制。町名は古代からの郡名に由来する。中心地区の沼宮内は奥羽街道の宿駅として発達した。物資の集散地であり,製材業も立地する。野菜栽培を中心に,米作やタバコの栽培が行われているが,かつては南部馬,キャベツが多く生産された。西方の丘陵斜面には,奈良時代末期の 14基に及ぶ浮島古墳群がある。町域の中央を JR東北本線が通り,平行する国道4号線は沼宮内で分岐,国道 281号線が久慈市へ通じる。面積 360.46km2。人口 1万3692(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩手町の関連情報