コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岱明 たいめい

2件 の用語解説(岱明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岱明
たいめい

熊本県北西部,玉名市西部の旧町域。菊池平野の西部にあり,島原湾に臨む。 1955年大野村,睦合村,高道村,鍋村の4村が合体して岱明村となり,1965年町制。 2005年玉名市,横島町,天水町と合体して玉名市となった。ミカン,メロン,トマトなどの栽培が行なわれ,沿岸部ではノリ,アサリが養殖される。中部の大野下に国指定天然記念物の大ソテツがある。北部の小岱山南麓は小岱山県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岱明
たいめい

熊本県北部、玉名(たまな)郡にあった旧町名(岱明町(まち))。現在は玉名市の南西部を占める。1955年(昭和30)睦合(むつあい)、大野、鍋(なべ)、高道の4村が合併して岱明村が成立、1965年町制施行。岱明の町名は、町域北端を占める小岱(しょうだい)山地(中生代花崗(かこう)岩類)と南に臨む有明(ありあけ)海とによった。2005年(平成17)玉名市に合併。旧町域は低山地・台地の北半域と、低地・干拓地の南半域とからなる。この対照は、土地利用面でも、北半域のミカン、ナシ、ブドウなどの果樹、葉タバコ、酪農、南半域のキンショウメロン、トマト、イチゴなどのハウス園芸、米麦さらに地先の浅海のノリ、アサリの養殖となって現れている。この土地利用上の境界を縫うようにJR鹿児島本線が東西に走り、またその北側には国道208号(三池街道)が並走している。とくに国道の整備は、電器ほか最近の工場誘致に大きく寄与した。唯一の鉄道駅大野下(おおのしも)付近にある八幡宮(はちまんぐう)ならびに八大竜王神社に毎年奉納される「奴(やっこ)踊り」「雨乞(あまご)い踊り」は、勇壮な男性的な踊りとして有名。国の天然記念物の大ソテツがある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岱明の関連情報