コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池平野 きくちへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊池平野
きくちへいや

別称玉名平野熊本県北西部,有明海に面する菊池川三角州の沖積平野。中心は玉名市加藤清正が旧河道 (現唐人川) から現在の菊池川に河道をつけ替えて,干拓地を造成した。米作と野菜栽培が盛ん。ムギとの二毛作も行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きくちへいや【菊池平野】

熊本県北西部,菊池川下流域に開けた平野玉名平野とも呼ぶ。面積約50km2。玉名市を頂点とする三角州状の沖積低地で,前縁には干拓地が広がる。平野の東と南は金峰山系の二ノ岳,三ノ岳の山麓に限られ,北は小岱(しようだい)山から続く洪積台地と接し,西方は島原湾に臨んでいる。沿岸は干潟の発達が著しく,平野の約70%が近世初頭以来の干拓地である。平野を養う多くの灌漑施設は,1961年から始まった土地改良事業により,慶長年間(1596‐1615)加藤清正が築造した白石堰に統合された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕菊池平野(きくちへいや)


熊本県北西部の平野。菊池川下流域の三角州平野で有明(ありあけ)海(島原(しまばら)湾)に面する。面積の70%は江戸時代以降の干拓地。玉名(たまな)平野とも。1961~64年(昭和36~39)に土地改良事業で優良な水田地帯となり、稲作のほかイチゴ・トマトなどの園芸作物栽培も盛ん。有明海一帯ではノリ養殖も行われる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊池平野
きくちへいや

熊本県北西部、菊池川下流、島原湾に臨んで発達した三角州平野。菊池川のデルタを中心に、玉名低山地の南麓(なんろく)、金峰(きんぽう)山の北麓の段丘礫(れき)層からなる台地を含めた面積約50平方キロメートルの平野で、玉名平野ともいう。デルタは、大部分、花崗(かこう)岩の風化物で構成されているが、自然陸化で形成されたものは約30%で、ほかはすべて、16世紀末から始まった干拓事業によって造成されたものである。明治以前の同事業が、熊本藩費あるいは郷(ごう)費を資力に、地元農民の労働力提供を元に、完成後の土地の耕作権を農民に与えることで行われた場合が多かったので、明治以後、これらの土地の所有権をめぐって争いが絶えなかった。干拓は、その後も主として地主によって進められたが、大正開(ひらき)(27.3ヘクタール)の完成(1924)を最後に、国あるいは地方自治体で行われている。1975年(昭和50)に完成をみた横島(よこしま)干拓(505ヘクタール)は、この地方の干拓史上でも最大のもの。菊池川から用水配分を受け、伝統的な稲作農業とは異なった酪農、タバコ・イグサ栽培を中心とする農業が営まれている。造成年代の異なる干拓地の統合によって拡大した平野であるだけに、錯綜(さくそう)した用排水路が土地利用の集約化の隘路(あいろ)であったが、1961年に始まり1964年に終了した県営玉名平野土地改良事業で、白石堰(しらいしぜき)頭首工への水利統合が完成してからは、同平野約3500ヘクタールの水田管理が円滑化し、裏作としてイチゴ、トマトの施設園芸が増大している。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

菊池平野の関連キーワード横島[町]岱明[町]玉名(市)天水[町]熊本(県)玉東(町)玉名[市]玉東町長洲町岱明横島天水

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android