コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崩壊熱 ほうかいねつdecay heat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崩壊熱
ほうかいねつ
decay heat

核分裂の結果生じた核分裂生成物が,放射崩壊する際に放出するエネルギーが熱に変わったもの。原子炉を運転停止したあとでも,核分裂生成物は崩壊を続け,熱を発生するため,停止したあとも冷却を続ける必要があり,これが原子力の安全確保を難しくしている。原子炉の運転出力に対する崩壊熱の割合は,炉停止1分後で 3.6%,1時間後で 1.3%,1日後で 0.5%である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崩壊熱
ほうかいねつ
decay heat

放射性崩壊により発生する熱エネルギー。原子炉の中で核分裂によって生じた原子は、多くの場合不安定で、放射線を出して他の種類の原子に転換する。その際に発生した放射線は、最終的には熱エネルギーとなる。この熱エネルギーを崩壊熱とよぶ。原子炉が運転を停止(未臨界状態)した場合、核分裂は止まり、核分裂により発生する熱も止まるが、炉内の放射線による熱、つまり崩壊熱は発生し続ける。運転停止直後の崩壊熱は運転時の熱出力の7%程度であるが、以後しだいに減少する。減少の仕方は、炉内の燃料の経歴(燃焼の程度、燃やし方)などにより若干異なる。崩壊熱が存在するため、原子炉は運転を停止しても炉心を冷却し続けなければならない。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震の際に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では、地震・津波により電源を喪失したため冷却水のポンプを動かせなくなり、あらかじめ用意されていた非常用の電源不要の冷却システムもしだいに止まり、炉内の冷却水が失われ、炉心の露出、温度上昇、水素発生、炉心溶融、水素爆発などのシビアアクシデントが発生し、大量の放射性物質が環境中に放出されたことにより大災害を引き起こした。もし原子力発電所がほかの熱機関のように停止すると同時に熱の発生が止まるならば、つまり崩壊熱が発生しないならば、このような事故はなかったといえよう。[舘野 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崩壊熱の関連キーワード核分裂と放射性物質緊急炉心冷却装置核分裂(原子核)原子力直接発電固有安全炉核融合炉ガリレオキャスク熱電発電RTG

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android