コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崩壊熱 ほうかいねつ decay heat

3件 の用語解説(崩壊熱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崩壊熱
ほうかいねつ
decay heat

核分裂の結果生じた核分裂生成物が,放射崩壊する際に放出するエネルギーが熱に変わったもの。原子炉を運転停止したあとでも,核分裂生成物は崩壊を続け,熱を発生するため,停止したあとも冷却を続ける必要があり,これが原子力の安全確保を難しくしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうかい‐ねつ〔ホウクワイ‐〕【崩壊熱】

放射性物質崩壊する過程で発生する熱。原子炉では、運転停止後も核分裂生成物の崩壊が続くため、一定の期間、崩壊熱の除去が必要となる。→放射性崩壊

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崩壊熱
ほうかいねつ
decay heat

放射性崩壊により発生する熱エネルギー。原子炉の中で核分裂によって生じた原子は、多くの場合不安定で、放射線を出して他の種類の原子に転換する。その際に発生した放射線は、最終的には熱エネルギーとなる。この熱エネルギーを崩壊熱とよぶ。原子炉が運転を停止(未臨界状態)した場合、核分裂は止まり、核分裂により発生する熱も止まるが、炉内の放射線による熱、つまり崩壊熱は発生し続ける。運転停止直後の崩壊熱は運転時の熱出力の7%程度であるが、以後しだいに減少する。減少の仕方は、炉内の燃料の経歴(燃焼の程度、燃やし方)などにより若干異なる。崩壊熱が存在するため、原子炉は運転を停止しても炉心を冷却し続けなければならない。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震の際に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では、地震・津波により電源を喪失したため冷却水のポンプを動かせなくなり、あらかじめ用意されていた非常用の電源不要の冷却システムもしだいに止まり、炉内の冷却水が失われ、炉心の露出、温度上昇、水素発生、炉心溶融水素爆発などのシビアアクシデントが発生し、大量の放射性物質が環境中に放出されたことにより大災害を引き起こした。もし原子力発電所がほかの熱機関のように停止すると同時に熱の発生が止まるならば、つまり崩壊熱が発生しないならば、このような事故はなかったといえよう。[舘野 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崩壊熱の関連キーワード核分裂生成物原子核分裂自発核分裂即発中性子遅発中性子有糸分裂間期一次核分裂生成物核分裂片ボーア‐ホィーラーの核分裂理論

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

崩壊熱の関連情報