コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐三五郎(初代) あらし さんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐三五郎(初代) あらし-さんごろう

1687-1739 江戸時代中期の歌舞伎役者。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。初代嵐勘四郎の門から3代嵐三右衛門の門に転じる。立役(たちやく)として大坂,京都,江戸で活躍。俏事(やつしごと),所作事を得意とした。元文4年7月12日死去。53歳。京都出身。本名は島田喜之助。俳名は雷子,其有。屋号京屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

嵐三五郎(初代)

没年:元文4.7.12(1739.8.16)
生年:貞享4(1687)
江戸中期,上方の歌舞伎役者,座本。屋号京屋。俳名雷子。初代嵐勘四郎・3代目嵐三右衛門の門弟。京都岡崎村の農家の子として生まれる。熊五郎の名で大坂竹田芝居の子役を勤め,嵐三五郎と改めて享保6(1721)年大坂嵐三右衛門座が大芝居の初舞台。19年には立役上上吉の位付けを得た。小兵で身軽ながら芸は凜々しく,おかしみのある和事や所作事を得意としたが,器量すぐれず色事や上品な役は不出来で,まるで道外形であって「誠のやつし方ではない」という批判もあった。「後面」の所作(後頭部に面を付け,身体の前後を別役に演じ分けて踊る)や七変化などに好評を得た。名跡は昭和期の7代まである。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1,2期

(上野典子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

嵐三五郎(初代)の関連キーワード嵐 三五郎(6代目)嵐 三五郎(8代目)中村粂太郎(2代)中村次郎三(2代)沢村宗十郎(3代)三桝源之助(2代)瀬川富三郎(3代)山下金作(4代)嵐七五郎(初代)三条浪江(2代)嵐富三郎(2代)嵐三五郎(4代)嵐三五郎(3代)嵐吉三郎(2代)嵐富三郎(初代)嵐三五郎(5代)嵐三五郎(2代)けいせい倭荘子宿無団七時雨傘嵐与市(初代)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android