嵐三五郎(5代)(読み)あらし さんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐三五郎(5代) あらし-さんごろう

1818-1860 江戸時代後期の歌舞伎役者。
文政元年生まれ。4代嵐三五郎に入門,一時2代尾上多見蔵にまなぶ。弘化(こうか)4年5代三五郎を襲名嘉永(かえい)元年4代三桝大五郎の養子となり,三桝源之助(2代)と改名。京都,大坂で活躍,和事,実事を得意とした。安政7年2月15日死去。43歳。初名は嵐三吉(2代)。前名は尾上多幸蔵,嵐馬太郎(2代)。俳名は其鶴。屋号は京枡屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android