コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島甚兵衛(2代) かわしま じんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川島甚兵衛(2代) かわしま-じんべえ

1853-1910 明治時代の染織家。
嘉永(かえい)6年5月22日生まれ。明治12年家業の呉服商をつぎ,17年川島織物工場を設立。丹後縮緬(ちりめん)などの織法を改良。19年渡仏し,ゴブラン織りを研究。帰国後,綴錦(つづれにしき)の大作を発表した。帝室技芸員。明治43年5月5日死去。58歳。京都出身。幼名は弁次郎。号は恩輝軒主人。作品に「犬追物図」「百花百鳥」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川島甚兵衛(2代)

没年:明治43.5.5(1910)
生年:嘉永6.5.22(1853.6.28)
明治期の織物工芸家。京都の呉服悉皆屋上田屋(川島)甚兵衛(初代)の長男。幼少時より織物図案,製法に天稟をみせ,美術織物の製作に邁進する。明治12(1879)年父の死後,家業を継ぐ。18年五品共進会への出品が契機となって,農商務大輔品川弥二郎の知遇を得,翌年ともに渡欧。パリの国立ゴブラン製造所でゴブラン織(タペストリー)を見学,ベルリンでは甚兵衛が持参した織物見本1万点が大好評を博した。19年末皇居造営御用織物の製作のため約1年半の洋行を終え帰国。帰国後は綴錦の製作に邁進,「富士巻狩図」「武具曝涼図」「若冲動植物採画図」「雲鶴之図」などを代表作とする大作を次々と発表し,内外の博覧会で数々の賞を受賞。綴錦の大成は,甚兵衛の夢であり,生涯をかけた最大の事業であった。また,西陣織物の改良,新製品の開発,海外への販路拡張の努力などにも数々の先覚者的貢献があった。しかし,甚兵衛の美術織物への傾注は,家業の川島織物の経営を傾けてしまうこともあり,甚兵衛には芸術的な才能と経営手腕の不均衡がみられた。<参考文献>川島織物『錬技抄―川島織物145年史』,橋本五雄『恩輝軒主人小伝』

(松本貴典)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

川島甚兵衛(2代)の関連キーワード川島 甚兵衛(4代目)川島甚兵衛(4代)川島織物セルコン川島織物[株]沢部 清五郎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android