コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川辺十島 かわなべじっとう

3件 の用語解説(川辺十島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川辺十島
かわなべじっとう

鹿児島県南部,薩南諸島のうち北西部にある小島群。三島村十島村に属する。薩摩半島の南方約 50kmの海上に浮かぶ竹島,硫黄島,黒島の3島 (口之三島。三島村に属する) と,これより 80~120km南に点在する吐 噶喇列島口之島中之島臥蛇島,平島,諏訪之瀬島悪石島,宝島および小宝島の7島 (十島村に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

川辺十島【かわなべじっとう】

鹿児島県南方海上の火山島のうち,黒島硫黄島,竹島の3島と吐【か】喇(とから)列島の7島の総称。大戦前大島郡十島(じっとう)村を構成していたが,吐【か】喇列島が一時米軍政下にあり,のち復帰したため,1973年に鹿児島郡となり,黒島以下3島の三島村と,吐【か】喇列島の十島(としま)村に分かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川辺十島
かわなべじっとう

鹿児島県大隅(おおすみ)諸島の一部に数えられる竹島、硫黄(いおう)島、黒島の3島(口之三島(くちのみしま)ともいう)と、吐(とから)列島の有人島8島(口之島、中之島、臥蛇(がじゃ)島、諏訪瀬(すわのせ)島、平(たいら)島、悪石(あくせき)島、小宝(こだから)島、宝島)をあわせた呼称(現在臥蛇島は無人)。7島と数えられるのは、小宝島が宝島の属島として扱われていたためである。川辺郡に所属したのでこの名がある。1897年大島郡に編入、1908年(明治41)独立村制を敷き十島(としま)村とよんだ。第二次世界大戦後、3島を除き、北緯30度以南の諸島はアメリカ合衆国の占領下に置かれ、財政援助もないまま放置された状態が続いたが、1952年(昭和27)に7島、ついで1953年に奄美(あまみ)諸島も日本に復帰した。それまで、北の3島が十島村の名を踏襲した。そこで、3島は三島(みしま)村と改名、南の7島で十島村となっておのおの独立した。1973年以降、両村とも鹿児島郡に属している。この名称はほとんど使用されない。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川辺十島の関連キーワード薩南諸島薩南鹿児島[県]鹿児島県出水郡鹿児島県南九州市頴娃町牧之内鹿児島県大島郡鹿児島県鹿児島郡鹿児島県熊毛郡鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市中央町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone