コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川辺十島 かわなべじっとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川辺十島
かわなべじっとう

鹿児島県南部,薩南諸島のうち北西部にある小島群。三島村十島村に属する。薩摩半島の南方約 50kmの海上に浮かぶ竹島,硫黄島黒島の3島 (口之三島。三島村に属する) と,これより 80~120km南に点在する吐 噶喇列島口之島,中之島,臥蛇島,平島,諏訪之瀬島悪石島,宝島および小宝島の7島 (十島村に属する。小宝島は宝島の属島とし,8島とは数えない) を合わせて十島という。合計面積約 115km2。人口 1289 (1995) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

川辺十島【かわなべじっとう】

鹿児島県南方海上の火山島のうち,黒島硫黄島,竹島の3島と吐【か】喇(とから)列島の7島の総称。大戦前大島郡十島(じっとう)村を構成していたが,吐【か】喇列島が一時米軍政下にあり,のち復帰したため,1973年に鹿児島郡となり,黒島以下3島の三島村と,吐【か】喇列島の十島(としま)村に分かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川辺十島
かわなべじっとう

鹿児島県大隅(おおすみ)諸島の一部に数えられる竹島、硫黄(いおう)島、黒島の3島(口之三島(くちのみしま)ともいう)と、吐(とから)列島の有人島8島(口之島、中之島、臥蛇(がじゃ)島、諏訪瀬(すわのせ)島、平(たいら)島、悪石(あくせき)島、小宝(こだから)島、宝島)をあわせた呼称(現在臥蛇島は無人)。7島と数えられるのは、小宝島が宝島の属島として扱われていたためである。川辺郡に所属したのでこの名がある。1897年大島郡に編入、1908年(明治41)独立村制を敷き十島(としま)村とよんだ。第二次世界大戦後、3島を除き、北緯30度以南の諸島はアメリカ合衆国の占領下に置かれ、財政援助もないまま放置された状態が続いたが、1952年(昭和27)に7島、ついで1953年に奄美(あまみ)諸島も日本に復帰した。それまで、北の3島が十島村の名を踏襲した。そこで、3島は三島(みしま)村と改名、南の7島で十島村となっておのおの独立した。1973年以降、両村とも鹿児島郡に属している。この名称はほとんど使用されない。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

川辺十島の関連キーワード硫黄島(鹿児島)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android