コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工作測定 こうさくそくてい

世界大百科事典 第2版の解説

こうさくそくてい【工作測定】

機械部品の寸法,形状および面のでこぼこなどが指定どおりにできているか否か,加工中または加工後に測定あるいは検査することをいう。精密測定ということもある。一品一品機械を作っていたときは,機械部品,例えば軸と穴とを互いに現物で合うように作って組み立てていた。生産量が増大すると,分業によって,異なった工程で,かつ異なった時刻,作業者によって,機械部品を製作し,任意に組み合わせて作るようになる。任意に組み合わせても機械として十分な機能を発揮するためには,機械部品の互換性がなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android