コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工作測定 こうさくそくてい

1件 の用語解説(工作測定の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうさくそくてい【工作測定】

機械部品の寸法,形状および面のでこぼこなどが指定どおりにできているか否か,加工中または加工後に測定あるいは検査することをいう。精密測定ということもある。一品一品機械を作っていたときは,機械部品,例えば軸と穴とを互いに現物で合うように作って組み立てていた。生産量が増大すると,分業によって,異なった工程で,かつ異なった時刻,作業者によって,機械部品を製作し,任意に組み合わせて作るようになる。任意に組み合わせても機械として十分な機能を発揮するためには,機械部品の互換性がなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

工作測定の関連キーワード限界ゲージこぼこぼ凸凹凸凹野郎嵌め合い平きさげぼこぼこ機素畳の寸法三造機械部品加工センター

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone