コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工場抵当 コウジョウテイトウ

3件 の用語解説(工場抵当の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうじょう‐ていとう〔コウヂヤウテイタウ〕【工場抵当】

工場の所有者が、その工場に属する土地・建物・機械・器具などに抵当権を設定すること。また、その抵当権。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

工場抵当【こうじょうていとう】

工場に属する財産の上の特殊の抵当権工場抵当法1905年)によって設定される。工場を中心としてそれに関する施設が財団を組成するときは工場財団抵当となるが,それとは別に財団を組成することなくして機械・器具等を工場に属する不動産とともに抵当に供する制度も認められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうじょうていとう【工場抵当】

工場抵当法(1905公布)により認められた抵当制度で,狭義の工場抵当と工場財団抵当とがある。工場は,土地・建物などのほかに各種の機械器具等から成り立ち,これらが互いに有機的に結びつき一体的に工場経営の用に供されているのであるが,これを担保にして融資を受けようとする場合,民法の原則によれば,各土地・建物ごとあるいは各動産ごとを個別に抵当権あるいは質権の目的とすることを要することになる。しかしこの方法は繁雑であるばかりでなく,動産については原則として質権設定の方法によらざるをえず,この場合には目的物の占有を債権者に引き渡すことが必要であるため,工場経営の継続に支障をきたすことにもなり,また,個々別々に担保化されると有機的一体的なものとして存在する工場自体の価値を担保評価できないという結果が生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

工場抵当の関連キーワード滌除転抵当根抵当CVCCエンジン鉱業抵当抵当直流れ抵当物無抵当根抵当権抵当権消滅(抹消)請求