コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左氏伝 サシデン

百科事典マイペディアの解説

左氏伝【さしでん】

春秋左氏伝》,《左伝》ともいい,《公羊伝(くようでん)》《穀梁伝》とならぶ《春秋》三伝の一つ。孔子と同時代の左丘明の著と伝えられるが疑わしい。《春秋》の解釈書。元来,史実を主に記したものであったが,前漢末劉【きん】(りゅうきん)が編集し直したといわれる。後漢から《公羊伝》に代わって春秋学の主流を占める文献となった。
→関連項目国語(書名)古文

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さしでん【左氏伝 Zuŏ shì zhuàn】

中国の古典。《公羊伝(くようでん)》《穀梁伝》とともに《春秋》の三伝(解説書)の一つとされる。《左伝》とも簡称。孔子の弟子の左丘明の作と伝えられるが疑わしい。初めて学術思想界に紹介されたのは前漢末のことである。《公羊伝》《穀梁伝》が《春秋》に託された孔子の精神を純理的に解明するのに対して,《左氏伝》は史実に即して歴史的文学的に説くのを特色とし,《春秋経》から独立した歴史物語としても,文学的に高く評価される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の左氏伝の言及

【公羊学】より

…歴史的には前漢時代と清代後半とに行われたが,特に後者をさす場合が多い。春秋時代の魯国の歴史記録である《春秋》には,その解釈として《公羊伝》《穀梁伝(こくりようでん)》《左氏伝》の3伝があるが,前漢の武帝が董仲舒(とうちゆうじよ)らの献策をいれて儒学を政治原理として用い,博士官を設けて経学の伝授を行ったとき,先秦時代の古文経書ではなくて今文(前漢時代に通用していた隷書)で書かれた経書を教科書とした。また当時の経学は経術ともよばれて政治の実際と深く結びついており,ことに《春秋公羊伝》は天下統一の理念を強く示しているために重視され,漢代の春秋学は実際は公羊学を意味していた。…

【三伝】より

…中国における五経の一つ《春秋》の三つの伝(釈義書),《公羊(くよう)伝》《穀梁(こくりよう)伝》《左氏伝》のこと。《春秋》には孔子の理念が託されているとの認識に立ち,その真義を解明しようとして,二つの方法が現れた。…

【中国文学】より

…おそらく諸子の散文の発展に刺激されて,歴史の記述に変化が起こる。《左氏伝》は《春秋》を補足する形をとり,魯の国のほか晋や楚の年代記などを利用し,前4世紀にできたと思われる。人物のいきいきとした描写,事件の展開のむだのない記述に手腕をみせる《左氏伝》は《春秋》とならんで編年体の歴史書の模範となった。…

【趙匡】より

…趙匡が啖助を訪問したのはこの一度だけだったようであるが,彼は啖助の没後,彼の子啖異躬と弟子の陸淳とから啖助の遺稿の補訂を求められ,啖助の研究の不十分な点を補っているが,趙匡の業績は要するに《春秋》三伝の批判的研究の根拠を確立したことにある。啖助の研究が三伝の統一的解釈の樹立にあったのに対して,趙匡はそれまで《公羊(くよう)伝》《穀梁伝》に対して優利な地位にあった《左氏伝》の権威を《左氏伝》・左丘明批判によって失墜させ,これによって啖助の創(はじ)めた新解釈の意義を高めたのである。その意味で彼は啖助の学灯の継承者と認められている。…

※「左氏伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

左氏伝の関連キーワード人心の同じからざるは其の面の如し人心の同じからざるはその面の如し燕の幕上に巣くうがごとし三度肘を折って良医となる善に従うこと流るるが如し良禽は木を択んで棲む大徳は小怨を滅ぼす宅を卜せず隣を卜す璧を懐いて罪あり言葉なお耳にあり百年河清を俟つ脣亡びて歯寒し天之に年を仮す耳目を属する末大必ず折る大義親を滅す渙然氷釈する宴安は酖毒河清を俟つ玉趾を挙ぐ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左氏伝の関連情報