コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差別関税 さべつかんぜい differential duties

5件 の用語解説(差別関税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差別関税
さべつかんぜい
differential duties

輸入する貨物の原産地や輸入方法などによって一般の貨物とは区別された税率を適用する関税。割増関税と割引関税とに大別され,前者には報復関税ダンピング関税相殺関税などがあり,後者には特恵関税互恵関税などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さべつ‐かんぜい〔‐クワンゼイ〕【差別関税】

特定の商品、または特定の国からの輸入について、通常の税率とは異なる税率を適用する関税。割増関税と割引関税に大別され、前者に報復関税相殺関税ダンピング関税、後者に特恵関税などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

差別関税【さべつかんぜい】

広義には,特定の場合に特定の国や貨物に対して一般の関税率と違った関税率を適用する関税をさすが,狭義には,このうち一般税率より高い税率で課す場合をいう。政治的な目的の場合(特恵関税),報復のための報復関税,輸出奨励金ダンピングの効果を相殺するための相殺関税,不当廉売関税などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さべつかんぜい【差別関税】

輸入品の産出国や商品の種類などに応じて、通常と異なる率を適用する関税。特恵関税のように通常より低い税率を課すものと、ダンピング関税のように通常より高い税率を課すものとがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

差別関税
さべつかんぜい
differential duties

輸入の相手国や輸入価格あるいは輸入方法の違いによって、例外的に一般税率とは異なる税率を差別的に適用する関税をいう。これには、一般税率より低い税率を適用する場合と、高い税率を適用する場合とがある。具体的には、前者に特恵関税があり、後者に報復関税、相殺関税、ダンピング不当廉売)防止関税などがある。
 特恵関税には、イギリス連邦間特恵関税のように旧植民地と旧宗主国でグループを形成し、相互に特恵を供与しあうものや、開発途上国の開発や輸出促進を目的に、途上国からの輸入品に対して先進国が一般より低い税率の特恵関税を供与する一般特恵関税や後発開発途上国向けにさらに低い税率の特別特恵措置がある。報復関税は、一国がある国から第三国よりも不利な取扱いを受けた場合、その国からの輸入品に対して報復的に割高な関税を賦課する場合をいう。相殺関税は、輸出国が補助金や奨励金を交付することで輸出価格を不当に低くして輸入国の産業に損害を及ぼした場合、補助金などの効果を相殺するために賦課するものである。ダンピング防止関税も相殺関税の一種で、輸入品の不当な安売りから国内産業を保護するために割増し課税を行う。
 こうした関税は、特定の場合の例外として発動されるもので、WTO(世界貿易機関)加盟国間では、差別的な関税を禁じ無差別を原則としている。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

差別関税の関連キーワードカセクシス公用徴収官許特定遺贈恒量食事制限通貨先物(Financial Futures)寄付金控除玉埋め花買い

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone