コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巷所 こうしょ

1件 の用語解説(巷所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょ【巷所】

平安京の条坊間の街路を宅地・耕地化したものをいう。平安京には幅10mを超える程度の小路から80mを超える朱雀大路にいたるまでさまざまな街路があった。しかし街路としての利用度は低く,朱雀大路では牛馬が放し飼いにされ,一般の街路の側溝でもセリやハスなどを植えて道幅が削られていた。路上に臨時の小屋を建てる場合もあったが,いずれも永続的ではなかった。しかし11世紀後半になると,条坊内部の土地と区別された巷所が出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巷所の関連キーワード平安時代五条五条通り三条西八条殿坊間坊間の書六条条坊富小路

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone